付庸国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

主権国家体制において付庸国(附庸国、ふようこく)、従属国(じゅうぞくこく)(: vassal state)とは、宗主国から一定の自治権を認められているが、その内政・外交が宗主国の国内法により制限を受ける国家を指す。大国の一部が分離独立する過程で誕生する。宗主国との関係は付庸関係と言う。個々の付庸国ごとに宗主国との関係は一様でなく、国際法主体として対外主権の行使が認められていることもある。しかしながら、いずれにしても国際社会においては宗主国の一部とみなされ、宗主国が締結した条約に付庸国も拘束されうる。この点で被保護国とは異なる。ブルガリアエジプトなどオスマン帝国を宗主国とする事例が多い[1]

主権を不完全にしか持たないため、被保護国と合わせて半主権国: semisovereign state)、従属国(: dependent state[2]とも呼ばれる。

現在、この意味での付庸国は存在しない。新たに大国の一部が分離独立するも引き続き大国の保護が必要な場合、付庸関係ではなく、国家主権が対等である自由連合が採用されている。

一覧[編集]

以下に歴史上の付庸国の一覧を示す[1]

付庸国 宗主国 期間 根拠 備考
西蔵 China Qing Dynasty Flag 1889.svg清朝 1720年 - 1911年 清朝の崩壊で事実上独立。
Civil Flag of Serbia.svgセルビア公国 Ottoman flag.svgオスマン帝国 1830年 - 1878年 1878年のベルリン条約により独立。
Flag of Egypt (1882-1922).svgエジプト王国 Ottoman flag.svgオスマン帝国 1840年 - 1914年 1914年までにイギリスの被保護国となる。
モルダヴィア・ワラキア合同公国 Ottoman flag.svgオスマン帝国 1856年 - 1878年 1856年のパリ条約 1859年にモルダヴィア公国、ワラキアが公国が合同。1878年のベルリン条約により独立を承認され、ルーマニア王国に。
Flag of Bulgaria.svg大ブルガリア公国→ブルガリア自治公国 Ottoman flag.svgオスマン帝国 1878年 - 1908年 サン・ステファノ条約1878年のベルリン条約 1908年にブルガリア王国として独立。
Flag of the People's Republic of Mongolia (1921-1924).svg共戴モンゴル国Flag of the People's Republic of Mongolia (1924-1940).svgモンゴル人民共和国 Flag of the Republic of China.svg中華民国 1915年 - 1946年 キャフタ条約 1946年に独立を承認される。
Flag of Tibet.svg西蔵(チベット) Flag of the People's Republic of China.svg中華人民共和国 1951年 - 1959年 十七か条協定 1959年のチベット動乱後、インドに亡命政権を樹立。「ガンデンポタン」としてのチベット(西蔵)は現在、チベット自治区として中国本土自治区(大行政区分の一つ)に組まれている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 「Ⅲ国家の成立16国家結合」『標準 国際法』 寺沢一、山本草二、広部和也編、青林書院、1989年6月、初版、112頁。ISBN 978-4417007517
  2. ^ 佐分晴夫 「従属国」『日本大百科全書』 小学館。2010年4月11日閲覧。