京都府立西宇治高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
京都府立西宇治高等学校
Nishiuji-hs.jpg
国公私立の別 公立学校
設置者 京都府
学区 山城通学圏
設立年月日 1977年
創立記念日 10月18日
閉校年月日 2009年
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
単位制・学年制 単位制
設置学科 普通科
学期 2学期制
高校コード 26135B
所在地 611-0042
京都府宇治市小倉町南堀池
外部リンク 公式サイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示

京都府立西宇治高等学校(きょうとふりつにしうじこうとうがっこう)は、京都府宇治市に所在した府立の単位制全日制普通科高等学校

2009年度(平成21年度)に京都府立城南高等学校と統廃合され、京都府立城南菱創高等学校(きょうとふりつじょうなんりょうそうこうとうがっこう)となった。校舎は、かつての西宇治高等学校の校舎を使用している。

概要[編集]

京都府立高校初の単位制高校で、単位制は1997年に導入された。 巨椋池干拓地の端に位置し、南側は住宅地が広がり、北側は主に水田である。

4階建てと5階建ての校舎に加えて、2008年に2階建ての新校舎が竣工した。図書室やコンピュータルーム、多目的ホール、統合後に設置される専門学科の教室などがある。

また、その他にも統廃合に向けて、校舎の改修工事などが頻繁に行われている。(2008年度現在)

2学期制を導入しているが、統合後は3学期制になる予定である。

沿革[編集]

  • 1977年(昭和52年) 京都府立西宇治高等学校(全日制・普通科のみ) 開校(山城北通学圏)
  • 1997年(平成9年) 単位制導入(通学区域を府内全域に拡大)、単位制1期生が入学(第21期生162名)
  • 2001年(平成13年) 2学期制導入
  • 2006年(平成18年) 統廃合が決定。

設置学科[編集]

  • 普通科(単位制・全日制)

進学状況[編集]

2004年度(平成16年度)

著名な出身者[編集]

所在地[編集]

  • 宇治市小倉町南堀池

統廃合予定[編集]

  • 2009年度(平成21年度)に、西宇治高校と京都府立城南高等学校とを廃止し、現在の西宇治高校の校地に、承継校として全日制単位制普通科・専門学科を置く京都府立城南菱創高等学校が設置される(平成18年京都府条例第32号により設置条例が改正済み)[1]。これに対して、城南高校の在校生・一部の卒業生・地域住民などによる反対があったものの、決定を覆すだけの根拠を見出し得なかった。
  • 統合に先立ち、平成20年度秋季京都府高等学校野球大会には、西宇治高校と城南高校が、統廃合が予定される学校に認められる統合チームとして「城南菱創」の名前で参加した[2]

脚注[編集]

  1. ^ 条例上、城南菱創高校は、2008年(平成20年)9月1日に設置された(平成18年京都府条例第32号)
  2. ^ 『京都新聞』2008年8月20日付

関連項目[編集]

外部リンク[編集]