京都府立城南高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

京都府立城南高等学校(きょうとふりつ じょうなんこうとうがっこう)は、京都府宇治市存在していた府立の全日制高等学校

2009年度(平成21年度)に京都府立西宇治高等学校と統廃合され、京都府立城南菱創高等学校(きょうとふりつじょうなんりょうそうこうとうがっこう)となった。

沿革[編集]

  • 1943年:京都府立城南高等女学校設立。
  • 1948年:学制改革により京都府城南高等学校と称する。普通科、商業科を設置。
  • 1985年:新高校教育制度発足に伴い普通科にI類、II類を設置。
  • 2006年:統廃合が決定。

教育方針[編集]

  • 心身の健康(健全な心身の発達と個性の伸長をはかる)
  • 誠実な人間(社会的に信頼される誠実な人間形成につとめる)
  • 努力研さん(生涯を通して努力研さんする意欲とその資質を培う)

設置学科[編集]

  • 普通科(I類、II類)
  • 教養科学科(人文社会科系統、自然科学科系統)

所在地[編集]

統廃合[編集]

統合前、当時の西宇治高等学校の校舎

2009年度(平成21年度)に、城南高校と西宇治高等学校とを廃止し、現在の西宇治高校の校地に、承継校として全日制単位制普通科・専門学科を置く京都府立城南菱創高等学校が設置された(2006年京都府条例第32号により設置条例が改正済み)条例上、城南菱創高校は、2008年(平成20年)9月1日に設置された(2006年京都府条例第32号)。

これに対して、在校生・一部の卒業生・地域住民などによる反対があったものの、決定を覆すまでの根拠が得られなかった。

統合に先立ち、2008年度秋季京都府高等学校野球大会には、西宇治高校と城南高校が、統廃合が予定される学校に認められる統合チームとして「城南菱創」の名前で参加した。

2011年(平成23年)4月、当校跡地に京都府立宇治支援学校が開校した。また学校の前のバス停の名称「城南高校」(当時は京阪宇治バスと京阪シティバス、2014年4月に合併により京都京阪バス)は2011年(平成23年)5月に「宇治支援学校」に改称された。

出身者[編集]

関連項目[編集]


外部リンク[編集]