交響曲第7番 (プロコフィエフ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

セルゲイ・プロコフィエフ作曲の交響曲第7番嬰ハ短調作品131は、1952年に完成した4楽章から成る交響曲である。ソヴィエトの青年に捧げる意向であったため作曲者自身が「青春交響曲」と呼んでいたことから、『青春』の標題が用いられることもある。

初演[編集]

1952年10月18日モスクワサモスードの指揮によって行われ、熱狂的な反響をもって迎えられた。

曲の構成[編集]

  • 第1楽章 - Moderato 嬰ハ短調、4分の4拍子。ソナタ形式
  • 第2楽章 - Allegretto ヘ長調、4分の3拍子。
  • 第3楽章 - Andante espressivo 変イ長調、4分の4拍子。
  • 第4楽章 - Vivace 変ニ長調、4分の2拍子。複合三部形式

第4楽章の終結部は、弱奏のピチカートで消えるように終わるものと、強奏で終わるものの2種類がある。後者はサモスードの要望でオリジナルの終結部に20小節ほどが追加されたもので、スコアでは付録の形で載せられている。実際の演奏は両方で行なわれていて、どちらを選択するかは指揮者の判断による。

楽器編成[編集]

ピッコロフルート 2、オーボエ 2、コーラングレクラリネット 2、バス・クラリネットファゴット 2、ホルン 4、トランペット 3、トロンボーン 3、チューバティンパニトライアングルタンバリン小太鼓シンバル大太鼓ウッドブロックグロッケンシュピールシロフォンピアノハープ弦五部

演奏時間[編集]

約35分。