交響曲第4番 (ニールセン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

交響曲第4番『不滅(滅ぼし得ざるもの)デンマーク語: Det Uudslukkelige / 英語The Inextinguishable)は、カール・ニールセンが1914年から1916にかけ作曲した、単一楽章の交響曲である。(4つの楽章の要素が移行していくという構成になっていて、しばしば4楽章や2楽章の曲と誤解される。)2群のティンパニによる競演を特徴とし、ニールセンが手がけた交響曲の中でも特に劇的な作品と目されている。

副題[編集]

作曲者自身はデンマーク語"Det Uudslukkeligge" という副題を与えたが、これは日本語で「消し去り難いもの」「滅ぼし得ぬもの」といった意味であり、日本では簡潔に「不滅」の副題で親しまれている。ドイツ語により「Das Unauslöschliche」と表記されることがままあり、原題が用いられることは比較的稀である。

楽曲[編集]

ニールセンの交響曲は、この第4番以降の作品において多調性を採用しており、交響曲第6番までの3つの交響曲については基本となる調が記されていない。これは古典的な交響曲のような、基本となる調を設定し、他の調との対比により構成する、という概念を排す意図からである。この第4番はニ短調の全奏部で始まり、クラリネットによるイ長調、間奏となる気楽な田舎風の曲想の第2部(ト長調)を経て、伝統的な緩徐楽章の役割は悲劇的な曲想の第3部に譲られる。第4部では、2群のティンパニが活躍し、結末においてホ長調となって締め括られる。

ニールセンの作品では最も演奏・録音の機会に恵まれているが、解釈に特有の問題がある。作曲家のロバート・シンプソンは、著書において、主にテンポ設定に関してページ数を割いている。

楽器編成[編集]

フルート3(3番はピッコロ持ち替え)、オーボエ3、クラリネット3、ファゴット3(3番はコントラファゴット持ち替え)、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、テューバティンパニ2人、弦楽5部

演奏時間[編集]

約35分。

初演[編集]

1916年2月1日コペンハーゲンにて作曲者ニールセンの指揮により行われた。

日本での初演は1968年6月30日秋山和慶指揮東京交響楽団により行われた。

登場するメディア作品[編集]

外部リンク[編集]

You Tube。第4部の演奏。