中華字海

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
中華字海
中文表記中华字海
発行日 1994年09月(20年前) (1994-09
発行元 中華書局・中国友誼出版公司
ジャンル 字典
中華人民共和国の旗 中国
言語 中国語
コード ISBN 7-5057-0630-6
テンプレートを表示

中華字海(ちゅうかじかい、中文表記中华字海ピンイン:Zhōnghuá Zìhǎi)とは、中華人民共和国で出版された漢字字典。収録字数85568字を誇る、2009年3月現在世界最大の字典である。

特徴[編集]

収録字数85568字だが、一冊本であり、総ページ数は1800ページに満たず、1つのページに多くの漢字が詰め込まれている。説明は、中国語のピンインと同音字による読み、字義または異体字、出典などで、1行から数行の簡単なものに限られる。熟語は字義の説明に必要なものを本文に書いている以外、掲載されていない。85568字収録というものの、多くは異体字で、簡体字繁体字の字体の違いを分けて数えている上、「類推される簡化字」をも含んでいるので、典拠の分かる字だけを数えれば字数は減る。また、従来の中国の漢字字典が中国国内で用いられる漢字のみを対象にしていたのと異なり、補遺においてUnicode 2.0のCJK統合漢字を出典に加えたことによって、日本大韓民国国字をも収録している。ただし、これらの字については読みはなく、説明も不正確となっている。

本文の排列は部首、画数順となっている。部首の総数は210。『康熙字典』の214部首と比べて、「亅」、「二」、「匸」、「行」などが削られ、「亻」、「氵」などが加えられている。

巻頭索引には、部首を判別しづらい字を総画数順に配列した「難検字表」、常用漢字約1万字を画数、初筆の方向順に配列している「筆画検字表」、常用漢字約1万字をピンイン順、部首順で配列した「音序検字表」の三つがある。

印刷のための版下は、多くの外字を作成、使用するのに適した北大方正電子出版システムを用いて作成された。

出版情報[編集]

  • 発行年月: 1994年9月
  • 編纂者: 冷玉龍、韋一心ほか
  • 出版社: 中華書局・中国友誼出版公司
  • ISBN: 7-5057-0630-6
  • 価格: 210(日本円で2300程)

(ただし中国の古本ネットでは常時500元以上で取り引きされている)

再版[編集]

中華字海にはいくつかの再版本が存在する。

  • 2000年に上下巻の二冊本として再版。
  • 2008年上海古籍出版社から一冊本として再版。こちらは「編纂者:劉玉剛」とされている。