丘逢甲

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。
丘逢甲
丘逢甲.jpg
プロフィール
出生: 1864年
死去: 1912年2月25日
出身地: 清の旗 台湾苗栗
職業: 詩人・教育家
各種表記
繁体字 丘逢甲
簡体字 丘逢甲
拼音 Qiū Féngjiǎ
注音符号 ㄑ|ㄡ ㄆㄤˊ ㄐ|ㄚˇ
和名表記: きゅう ほうこう
発音転記: チュウ フォンジャア
テンプレートを表示

丘逢甲(きゅう ほうこう)は台湾詩人教育家。著書に『嶺雲海日楼詩鈔』がある。本名は丘秉淵、別名は丘倉海、字は仙根、号は蟄仙。

1889年北京で行なわれた科挙に及第し進士となり、工部主事に任じられた。しかし任官に興味のなかった丘逢甲は台湾に戻り、台中衡文書院で主講を務め、後に台南嘉義に於いて新学を教授した。

1895年日清戦争後の下関条約により台湾が日本に割譲されることが決定されると、丘逢甲は割譲反対を唱え義勇軍を結成し日本軍に抵抗した。しかし圧倒的な軍事的優位を誇る日本軍に追い詰められ、1985年11月には広東へと逃れた。広東での丘逢甲は興民中学の初代校長や広東教育総会会長を務め、中華民国建国後は広東省代表として孫文の組織した臨時政府に参加している。その後台湾に戻ることはなく、1912年2月25日に客死した。

2006年5月、丘逢甲が広東省蕉嶺県文福鎮逢甲村で居住していた住居跡が国務院によって全国重点文物保護単位に指定された。