ヴィンフリート・ツィリヒ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィンフリート・ペトルス・イグナツィウス・ツィリヒ(Winfried Petrus Ignatius Zillig, 1905年4月1日 - 1963年12月18日[1][2]は、ドイツ指揮者作曲家

ヴュルツブルクの生まれ。

地元で法学と音楽を学び、ヘルマン・ツィルヒャーの薫陶を受けた。その後、ウィーンに行ってアルノルト・シェーンベルクに個人的に教えを受けた。1927年にベルリン国立歌劇場エーリヒ・クライバーの助手を務めた後、オルデンブルク州立劇場の練習指揮者となった。1932年から1937年までデュッセルドルフ歌劇場の指揮者を務め、エッセン歌劇場の指揮者陣にも名を連ねた。1940年代はポズナンの歌劇場で活動し、第二次世界大戦後はデュッセルドルフ歌劇場の第1カペルマイスターとなった。1947年から1951年までヘッセン放送交響楽団の首席指揮者を務め、1959年から北ドイツ放送の音楽部門で勤務した。

作曲家としてもオペラ歌曲映画音楽等を手掛けている。

ハンブルクにて死去。

脚註[編集]

  1. ^ Discog
  2. ^ Winfried Zillig // IMDb