ヴィトルト・マウツジンスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィトルト・マウツジンスキWitold Małcużyński, 1914年8月10日 ワルシャワ近郊コジチン英語版ポーランド語版 - 1977年7月17日 マヨルカ島パルマ)はポーランドピアニストショパンの解釈に定評があった。日本では「ヴィトルド・マルクジンスキ(マルクジンスキー)」等のカナ表記が使われたこともある。 弟のカロル・マウツジンスキ(Karol Małcużyński (ポーランド語版), 1922年-1984年)はライターで政治家である。

5歳でピアノを始めたものの、当初は法学と哲学を修習するつもりであった[1]。しかし、音楽への情熱を断ちがたく、ワルシャワ音楽院フェルッチョ・ブゾーニ門下のユゼフ・トゥルチンスキに師事した。1936年には、元ポーランド共和国首相で19世紀ロマン派ピアニストの黄金時代を知るイグナツィ・パデレフスキの薫陶も受けた。1937年に開かれたショパン国際ピアノコンクールで第3位に入賞した後、パリ音楽院に留学してイシドール・フィリップマルグリット・ロン等の教えも受けている。また、パリではフランスのピアニストであったコレット・ガヴォーと結婚している。

フランスが降伏するとコレット夫人とともにポルトガルに逃れ、そこで思いがけずグジェゴシュ・フィテルベルクと出逢う。フィテルベルクから南米での演奏旅行を持ちかけられて1940年10月にアルゼンチンに行き、1942年4月にはアメリカ合衆国に移った。戦後はスイスに移住してその地に暮らした。

ポヴァンツキ霊園のマウツジンスキの墓碑

没後はワルシャワのポヴァンツキ霊園に埋葬された。

脚注[編集]

  1. ^ The Witold Malcuzynski Website/biography

外部リンク[編集]

参考文献[編集]

  • Wolny, Marcin. “Rocznica śmierci Witolda Małcużyńskiego”. Forum Polonijne 4 (2007): 38. ISSN 1234-2807.