グジェゴシュ・フィテルベルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グジェゴシュ・フィテルベルク

グジェゴシュ・フィテルベルクGrzegorz Fitelberg, ヘブライ語: גז'גוז' פיטלברג‎, ロシア語: Григорий(Гжегож) Фительберг, 1879年10月18日ロシアヴィチェプスクダウガフピルス - 1953年6月10日カトヴィツェ)は、現在のラトビア出身のユダヤ系ポーランド人ヴァイオリニスト作曲家指揮者カロル・シマノフスキミェチスワフ・カルウォヴィチルドミル・ルジツキアポリナリ・シェルトらと共に若きポーランドムウォダ・ポルスカ)の一員。

ヴァイオリニスト・パヴェウ・コハィンスキパウル・コハンスキ)らと共にシマノフスキの演奏者・協力者の一人であり、それによってシマノフスキの作品が全ヨーロッパに知られるようになった。

息子のイェジー・フィテルベルクも作曲家である。


先代:
オルギェルト・ストラシンスキ
ワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団音楽監督
1909年 - 1911年
次代:
ズビグニェフ・ビルンバウム