ヴィクター・ゴランツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヴィクター・ゴランツ(Victor Gollancz, 1893年4月9日 - 1967年2月8日)は、イギリスの出版事業家、社会主義者、博愛主義者。

人物[編集]

ポーランドユダヤ人の卸売宝石商の息子としてロンドンに生まれる。おじはラビでヘブライ学者のハーマン・ゴランツと古英語学者のイズレイル・ゴランツオクスフォード大学ニューコレッジで古典学の学位を取得した後、学校教師となる。第一次世界大戦では英国陸軍で従軍。1917年、戦後の英国社会の指針を立案するための再建委員会(Reconstruction Committee)に参加し、ここでアーネスト・ベンと知り合い、出版事業の世界に入る。雑誌を創刊することから着手し、一連の芸術書を出版、さらに作家たちと契約して文学書の出版に乗り出した。

1927年に自社を設立し、ジョージ・オーウェルフォード・マドックス・フォードの著書を上梓した。左翼的なレフトブッククラブの創設にも関与。推理小説の出版にも力を入れ、ドロシー・L・セイヤーズの版元でもあった。マーケティングの才能に秀でた彼は、自社で出した小説を宣伝する目的で、新聞に全面広告を出すという当時としては画期的な手法で話題を呼んだ。彼はまた、活字の字体や本の装幀にも一家言あり、読者の購買欲をそそるためにさまざまな意匠を凝らした。

出版事業家として華々しい成功を収めただけではなく、彼自身きわめて精力的な著述家でもあり、幅広いテーマについて熱心に発言した。社会問題に対しては単に案を出すだけでなく、豊富な資金と人脈に物を言わせて、自らの案を実行に移すことで有名だった。1945年、当時まだ連合国に占領されていたドイツイタリアに食糧や衣料を送る運動を起こしたのはその一例である。このとき彼が運動の組織者として雇ったのが平和運動家のペギー・ダフだった。1950年代には、彼とダフは死刑を廃止すべく国民運動を指導した。

1960年、ドイツ出版事業組合から平和賞を与えられた。

1965年ナイトに叙せられた。