ヴァイノ・リンナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴァイノ・リンナ
ヴァイノ・リンナ(1947年

ヴァイノ・リンナ(Väinö Valtteri LinnaFi-Väinö_Linna.ogg 発音[ヘルプ/ファイル]フェイノ・リンナとも、1920年12月20日 - 1992年4月21日)は、フィンランドウルヤラUrjala)出身の小説家1954年に著された『無名戦士』(Tuntematon sotilas)はリンナの知名度を確立するものだった。代表作は1959年から1962年に著された全3部作からなる『ここ北極星の下で[1]』(Täällä Pohjantähden alla)で、ノーベル文学賞候補作になった[2]。また、1963年には北欧文学賞を受賞した[2]

リンナは小学校卒業後に農林業や工場の労働者となった後に、小説家としてデビューした。処女作は1947年に著されたヨハン・アウグスト・ストリンドベリ風の小説『目標』で、翌1948年には『黒い恋』を著した。

その後、戦争文学に転向し、ソ芬戦争に対する小説を著した。

タンペレ大学英語版名誉教授フィンランド・アカデミー会員でもあった。

1992年4月21日タンペレで亡くなる。

作品[編集]

脚注・参考文献[編集]

  1. ^ ここ北極星の下に』とも。
  2. ^ a b リンナ - Yahoo!百科事典日本大百科全書、2012年10月30日閲覧。