ワールド・クリケット・チャンピオンシップ (ダーツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
World Cricket Championship
会場のトロピカーナ・ラスベガス
概要
開催国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
開催地 ネヴァダ州ラスベガス
会場 トロピカーナ・ラスベガス
初開催 2010年
主催団体 PDC
大会種別 ランキング反映無
形式 Cricket
legs (best of 5 legs)
賞金総額 £15,000 (2010)
開催月 6月
現在のチャンピオン
イングランドの旗 フィル・テイラー (2010)

ワールド・クリケット・チャンピオンシップ (World Cricket Championship) は、プロフェッショナル・ダーツ・コーポレイション (PDC) が開催する、ダーツのトーナメントである。

2010年から始まったこのトーナメントは、2009年まで行われていたラスベガス・デザート・クラシックを置き換えたニュー・トロピカーナ・ワールド・シリーズ・オヴ・ダーツ・フェスティヴァル (The New Tropicana World Series of Darts Festival) [1]を構成するトーナメントの1つでもあり、アメリカ合衆国ネヴァダ州ラスベガスにあるトロピカーナ・ラスベガスで行われている。

なお、野球に似たスポーツのクリケットでは、全く同じ名前の世界大会は存在せず、同じような名前では、World Championship of Cricketという大会がある。

PDC オーダー・オヴ・メリットと賞金[編集]

このトーナメントの賞金は、PDC オーダー・オヴ・メリットに反映されない。 賞金は、以下の通りとなっている[2]

優勝 準優勝 準決勝 準々決勝 ラスト
16
ラスト
32
ラスト
64
ラスト
128
Prelim
Rd
賞金総額
2010 £4,000 £2,000 £900 £450 £225 £125 £50 £0 £0 £15,000

2010年の賞金総額は、数多のPDC ProTourに属するトーナメントよりも少ない。

しかし、WDF/BDOの4番目に賞金額が多いトーナメントであるダッチ・オープンのメンズ・トーナメントの賞金総額を上回る。

2010年における他のトーナメントとの比較は、次の通りである[3][4][5][6][7][8]

団体 大会 賞金総額 優勝 準優勝 準決勝 準々決勝 ラスト
16
ラスト
32 (*24)
ラスト
64
ラスト
128
Prelim
Rd
ハイエスト・
チェクアウト
9ダーター
2010 PDC ワールド・クリケット・チャンピオンシップ £15,000 £4,000 £2,000 £900 £450 £225 £125 £50 £0 £0 - -
2010 PDC PDC ProTour (イギリス / ヨーロッパ) £31,600 £6,000 £3,000 £1,500 £1,000 £500 £300 £200 - - 不明 (£400)
2010 PDC PDC ProTour (イギリス / ヨーロッパ以外)[9] £22,000 £5,000 £2,500 £1,250 £700 £300 £200 £100 - - 不明 (£400)
2010 PDC アンダー21・ワールド・チャンピオンシップ £30,000 £10,000 £5,000 £2,500 £1,250 £625 £0 £0 - £0 不明 -
2010 PDC ウィメンズ・ワールド・チャンピオンシップ £30,000 £10,000 £5,000 £2,500 £1,250 £625 £0 - - - 不明 -
2010 WDF ダッチ・グランド・マスターズ (メンズ) €33,500 €5,000 €2,500 €2,000 €1,500 *€1,000 - - - 不明 -
2010 WDF ダッチ・グランド・マスターズ (ウィメンズ) €6,100 €1,750 €1,250 €750 €400 - - - - - 不明 -
2010 WDF ダッチ・オープン (メンズ) €16,450 €4,500 €2,250 €1,250 €500 €250 €100 €50 - - 不明 -

日程・会場・放送など[編集]

日程、会場、タイトル・スポンサー、テレビ放送などの情報は、以下の通りである[2]

開催日 開催地 会場 スポンサー 使用ボード テレビ放送
2010 6/26 (月) ラスベガス Tropicana Las Vegas - unicorn ECLIPSE PRO -

形式[編集]

ワールド・クリケット・チャンピオンシップの最大の特徴は、クリケット形式で行われることである。

出場資格[編集]

イギリス人は、プロフェッショナル・ダーツ・プレイヤーズ・アソシエイション (PDPA) のメンバーでないと参加できないが、それ以外は参加費さえ払えば、誰でも参加できる。 なお、参加費は、

の4つのイヴェントに対して有効であり、この参加費を払った北アメリカのプレイヤーのみ、無料でノース・アメリカン・ダーツ・チャンピオンシップにも参加できる[10]

本戦[編集]

全てベスト・オヴ・5・レッグズである。 シード無しの無作為抽選によってトーナメント表が決まるため、PDCの中でもトップを争うプレイヤー達が、トーナメントの早い段階で対戦することもある。 2-2となったら、Throw for Bull[11]が行われ、最終レッグの先行を決定する。

結果[編集]

このトーナメントの結果は、以下の通りである[2]

決勝戦[編集]

チャンピオン スコア 準優勝
2010 イングランドの旗 フィル・テイラー 3 - 2 イングランドの旗 マーク・ウォールシュ

記録[編集]

このトーナメントの記録は、以下の通りである[2]

最多優勝[編集]

脚注・参照[編集]

  1. ^ ワールド・クリケット・チャンピオンシップの他には、PDC USオープン・プレイヤーズ・チャンピオンシップ、ラスベガス・プレイヤーズ・チャンピオンシップ 1、ラスベガス・プレイヤーズ・チャンピオンシップ 2、ノース・アメリカン・ダーツ・チャンピオンシップにより、構成されている。ラスベガス・デザート・クラシックは、テレビ放送されていたが、このトーナメントは、少なくとも2010年は、テレビ放送されなかった。
  2. ^ a b c d World Cricket Championship Darts Database
  3. ^ Order of Merit Explanation PDC
  4. ^ PDC Under-21 World Championship Darts Database
  5. ^ PDC Women's World Championship Mastercaller
  6. ^ Zuiderduin Masters (Men's) Mastercaller
  7. ^ Zuiderduin Masters (Women's) Mastercaller
  8. ^ Dutch Open Darts Database
  9. ^ 実際、この賞金設定となっているのは、ノース・アメリカン・ダーツ・チャンピオンシップ、オーストラリアン・オープン、プレイヤーズ・チャンピオンシップ (カナダ) のみであり、PDC USオープン・プレイヤーズ・チャンピオンシップやラスベガス・プレイヤーズ・チャンピオンシップなどは、イギリス及びヨーロッパのものと同じである。
  10. ^ New Tropicana World Series of Darts Festival (2010) PDC
  11. ^ 先行を決めるために、お互い1本ずつダーツを投げ、Bullseyeに近い方を先行とする方法。Diddle for the Middleなど様々な言い方がある。

外部リンク[編集]