ワールド・グランプリ (ダーツ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
World Grand Prix
概要
開催国 アイルランド共和国の旗 アイルランド
開催地 ダブリン
会場 シティウェスト・ホテル
初開催 1998年
主催団体 PDC
大会種別 Premier (Sky Sports)
テレビ イギリスの旗 Sky Sports HD
日本の旗 J Sports
インターネット LIVEPDC.TV
使用ボード unicorn ECLIPSE PRO
形式 Sets,
"Double In, Double Out"
賞金総額 £350,000 (2009-2011)
開催月 10月
ナイン・ダート・フィニッシュ
有-TV放送 北アイルランドの旗 ブレンダン・ドーラン (2011)
現在のチャンピオン
イングランドの旗 フィル・テイラー (2011)

ワールド・グランプリ (PartyPoker.com World Grand Prix) は、プロフェッショナル・ダーツ・コーポレイション (PDC) が開催するダーツのトーナメントである。

ダーツの全メジャー・トーナメントの中で、唯一ダブル・イン (double in) をルールとして採用しているイヴェントであり、2001年から、このルールと同じ発音[dʌblɪn]となるアイルランドの首都ダブリン (Dublin) で開催されている。

PDC オーダー・オヴ・メリットと賞金[編集]

このトーナメントは、獲得した賞金額に基づくPDCのワールド・ランキング・システムであるPDC オーダー・オヴ・メリットに反映されるSky Sportsのプレミア・イヴェントである。

現在、賞金総額は、全てのダーツ・イヴェント中、5番目であるが、プレミア・リーグ・ダーツグランド・スラム・オヴ・ダーツは、PDC オーダー・オヴ・メリットに反映されないため、PDC オーダー・オヴ・メリットへの寄与は、単独で3番目に大きい。 また、Sky Sportsのプレミア・イヴェントには、全て個々にナイン・ダート・フィニッシュの賞金£5,000が設定されている。 達成したプレイヤーがいなければ、次に行われるSky Sportsのプレミア・イヴェントに加えられ、達成されるまで消失することなく積み立て続けられる[1]

このトーナメントの賞金は、以下の通りとなっている[2][3]

優勝 準優勝 準決勝 準々決勝 ラスト
12
ラスト
16
ラスト
32 (*24)
ハイエスト・
チェクアウト
9ダーター 実総額[4] 公称総額
1998 £9,000 £5,000 £3,000 £2,000 - £1,250 - 不明 - £38,000 -
1999 £9,000 £5,000 £3,000 £2,000 £1,500 £1,000 - 不明 - £38,000 -
2000 IEP15,000 IEP7,500 IEP4,350 IEP3,000 - IEP1,850 *IEP1,500 不明 - IEP70,000 -
2001 IEP15,000 IEP7,500 IEP4,350 IEP3,000 - IEP1,850 IEP1,250 不明 - IEP78,000 -
2002 £14,000 £7,000 £4,000 £2,250 - £1,500 £1,250 不明 - £70,000 -
2003 £15,000 £7,500 £4,750 £2,500 - £1,750 £1,250 不明 - £76,000 -
2004 £20,000 £10,000 £6,000 £4,000 - £2,250 £1,500 £3,000 - £103,000 -
2005 £20,000 £10,000 £6,000 £4,000 - £2,250 £1,500 不明 - £100,000 -
2006 £25,000 £12,500 £8,250 £6,000 - £3,000 £1,750 不明 - £130,000 -
2007 £50,000 £20,000 £10,000 £7,500 - £5,000 £2,500 不明 - £200,000 [5]£200,000
2008 £50,000 £25,000 £14,500 £10,000 - £6,750 £3,250 不明 - £250,000 [6]£250,000
2009 £100,000 £40,000 £20,000 £12,500 - £7,000 £4,000 不明 - £350,000 [7]£350,000
2010 £100,000 £40,000 £20,000 £12,500 - £7,000 £4,000 不明 - £350,000 [8]£350,000
2011 £100,000 £40,000 £20,000 £12,500 - £7,000 £4,000 不明 £5,000 £355,000 [9]£350,000

なお、この賞金額は、WDF/BDOの賞金額が最も多いイヴェントであるBDO ワールド・プロフェッショナル・ダーツ・チャンピオンシップス (レイクサイド) の実際に払われた賞金額も、BDOによる公称額[10]も、超えている。

2011年における他のトーナメントとの賞金額の比較は、次の通りである[11][12][1]

団体 大会 公称総額 実総額[13] 優勝 準優勝 準決勝 準々決勝 ラスト
16
ラスト
32
9ダーター ハイエスト・
チェクアウト
2011 PDC ワールド・グランプリ £350,000 £355,000 £100,000 £40,000 £20,000 £12,500 £7,000 £4,000 £5,000 不明
2011 PDC ワールド・マッチプレイ £400,000 £410,000 £100,000 £50,000 £25,000 £15,000 £7,500 £5,000 £10,000 不明
2011 WDF
(BDO)
レイクサイド (メンズ) £329,000 £261,000 £100,000 £30,000 £11,000 £6,000 £4,250 £3,000 - £3,000
レイクサイド (ウィメンズ) £16,000 £10,000 £2,000 £1,000 £500 - -

日程・会場・放送など[編集]

日程、会場、タイトル・スポンサー、テレビ放送などの情報は、以下の通りである[2][3]

開始日 終了日 開催日数 会場 スポンサー 使用ボード テレビ放送
1998 10/14 (水) 10/18 (日) 5 ザ・カジノ・ルームズ (ケント州ロチェスター) Paddy Power 不明 Sky Sports
1999 10/20 (水) 10/14 (日) 5 ザ・カジノ・ルームズ (ケント州ロチェスター) Paddy Power 不明 Sky Sports
2000 10/25 (水) 10/29 (日) 5 クロースビー・シーダーズ・ホテル (ウェックスフォード州ラスレア) Paddy Power 不明 Sky Sports
2001 10/24 (水) 10/28 (日) 5 シティウェスト・ホテル (ダブリン) Paddy Power unicorn DIAMOND Sky Sports
2002 10/22 (火) 10/27 (日) 6 シティウェスト・ホテル (ダブリン) Paddy Power 不明 Sky Sports
2003 10/20 (月) 10/26 (日) 7 シティウェスト・ホテル (ダブリン) Paddy Power 不明 Sky Sports
2004 10/18 (月) 10/24 (日) 7 シティウェスト・ホテル (ダブリン) Skybet 不明 Sky Sports
2005 10/24 (月) 10/30 (日) 7 シティウェスト・ホテル (ダブリン) Skybet 不明 Sky Sports
2006 10/23 (月) 10/29 (日) 7 シティウェスト・ホテル (ダブリン) Skybet 不明 Sky Sports
2007 10/08 (月) 10/14 (日) 7 シティウェスト・ホテル (ダブリン) Skybet unicorn ECLIPSE PRO Sky Sports
2008 10/06 (月) 10/12 (日) 7 シティウェスト・ホテル (ダブリン) SkyPoker unicorn ECLIPSE PRO Sky Sports
2009 10/05 (月) 10/11 (日) 7 シティウェスト・ホテル (ダブリン) SkyPoker unicorn ECLIPSE PRO Sky Sports HD
2010 10/04 (月) 10/10 (日) 7 シティウェスト・ホテル (ダブリン) bodog.com unicorn ECLIPSE PRO Sky Sports HD
2011 10/03 (月) 10/09 (日) 7 シティウェスト・ホテル (ダブリン) PartyPoker.com unicorn ECLIPSE PRO Sky Sports HD

テレビ放送[編集]

ワールド・グランプリは、初回からSky Sportsで全試合生放送されている。

このトーナメントには、ルールにダブル・インがあるため、カメラ・ワークやグラフィックスについて、他のトーナメントと異なる部分がある。 なお、試合前のプレイヤー紹介のグラフィックスにスターティング・ダブルの項目が表示されるが、プレイヤーは必ずしもこのダブルでレッグを始めようとするとは限らず、第1セット第1レッグから異なるダブルを狙うことすらある。

形式[編集]

ワールド・グランプリは、ラスト32からのシングル・エリミネイション・トーナメントであり、これを特徴付ける形式は、次の4つである。

  • ダブル・イン
  • セット形式
  • 第1ラウンドの短さ
  • タイブレイク無し

試合形式が短いと、実力が反映されにくくなり、意外な結果に繋がりやすい。 その最も顕著な例が、フィル・テイラーであり、2009年までのこのトーナメントにおいて、彼は第1ラウンド敗退か優勝かという両極端な結果しかなかった。

出場者の決定[編集]

2011年は、出場プレイヤー32名を以下の3つから選抜した。

  • PDC オーダー・オヴ・メリット (16名)
  • プレイヤーズ・チャンピオンシップ・オーダー・オヴ・メリット (14名)
  • アイルランド及び北アイルランドのプレイヤー (2名)

まず、PDC オーダー・オヴ・メリットより、上位16名が選抜され、このプレイヤー達はシードとなる。 次に、上記の16名を除いたプレイヤーズ・チャンピオンシップ・オーダー・オヴ・メリットより、上位14名が選抜される。 最後に、上記の16名を除いたプレイヤーズ・チャンピオンシップ・オーダー・オヴ・メリットよりアイルランド及び北アイルランドのプレイヤーの中で上位2名が選抜される[14]

本戦[編集]

本戦の形式は以下の通りである。 全レッグ、ブルを含めたダブルに入れるまで、得点とならないダブル・イン・ルールで行われる。 また、全試合タイブレイクはない[9]

ラウンド プレイヤー セッツ
(ベスト・オヴ)
レッグズ / セット
(ベスト・オヴ)
1 ラスト32 3 5
2 ラスト16 5 5
準々決勝 ラスト8 7 5
準決勝 ラスト4 9 5
決勝 ラスト2 11 5

形式の変遷[編集]

このトーナメントの形式は、いくつかの変化をたどってきた。 1998年大会は、セット形式ではなくレッグ形式の勝ち抜きトーナメントであった。 そして、翌年の1999年大会より、セット形式となり、また、非常に独自性の高いグループ・セクションが導入された[15]。 このグループ・セクションは、翌年の2000年に廃止され、最初から勝ち抜きトーナメントとなっている。

セット数[編集]

各年の各ラウンドにおけるセット数は、以下の通りである (1998年のみレッグ数)。

グループ戦 ラスト
32
ラスト
16
準々決勝 準決勝 決勝
1998 - - 21 legs 21 legs 21 legs 25 legs
1999 5 - - 5 9 11
2000 - - 5 11 11 11
2001 - 3 5 11 13 15
2002 - 3 3 7 11 13
2003 - 3 5 7 11 13
2004 - 3 5 7 11 13
2005 - 3 5 7 11 13
2006 - 3 5 7 11 13
2007 - 3 5 7 9 11
2008 - 3 5 7 9 11
2009 - 3 5 7 9 11
2010 - 3 5 7 9 11
2011 - 3 5 7 9 11

結果[編集]

このトーナメントの結果は、以下の通りである[2][3]

決勝戦[編集]

初開催の1998年のみ、レッグ形式である。

チャンピオン スコア 準優勝
1998 イングランドの旗 フィル・テイラー 13-8 イングランドの旗 ロッド・ヘァリントゥン
1999 イングランドの旗 フィル・テイラー 6-1 イングランドの旗 シェイン・バージェス
2000 イングランドの旗 フィル・テイラー (91.32) 6-1 イングランドの旗 シェイン・バージェス (81.48)
2001 イングランドの旗 アラン・ウォーリナー=リトゥル (83.52) 8-2 オランダの旗 ローラント・スホールテン (81.84)
2002 イングランドの旗 フィル・テイラー (100.17) 7-3 カナダの旗 ジョン・パート (88.62)
2003 イングランドの旗 フィル・テイラー (94.80) 7-2 カナダの旗 ジョン・パート (83.25)
2004 イングランドの旗 コリン・ロイド (85.29) 7-3 イングランドの旗 アラン・ウォーリナー=リトゥル (77.91)
2005 イングランドの旗 フィル・テイラー (90.75) 7-1 イングランドの旗 コリン・ロイド (82.05)
2006 イングランドの旗 フィル・テイラー (88.24) 7-4 イングランドの旗 テリー・ジェンキンズ (82.51)
2007 イングランドの旗 ジェイムズ・ウェイド (86.03) 6-3 イングランドの旗 テリー・ジェンキンズ (84.58)
2008 イングランドの旗 フィル・テイラー (97.81) 6-2 オランダの旗 ライモント・ファン・バルネフェルト (90.42)
2009 イングランドの旗 フィル・テイラー (97.07) 6-3 オランダの旗 ライモント・ファン・バルネフェルト (86.62)
2010 イングランドの旗 ジェイムズ・ウェイド (88.92) 6-3 イングランドの旗 エイドゥリアン・ルーイス (89.33)
2011 イングランドの旗 フィル・テイラー (90.29) 6-3 北アイルランドの旗 ブレンダン・ドーラン (84.68)

ナイン・ダート・フィニッシュ[編集]

このトーナメントには、ダブル・イン・ルールが存在するため、ナイン・ダート・フィニッシュの難易度も他のトーナメントより高い。

ナイン・ダート・フィニッシュを達成できるスターティング・ダブルは、D20、D17、ブルしかなく、他のダブルでは、不可能である。 また、スタートとフィニッシュのどちらか1回は、ブルに入れなければならないことも、ダブル・インからのナイン・ダート・フィニッシュが、難しいことの一因となっている。

2010年までは、フィル・テイラージェイムズ・ウェイドなどの8投目までの成功例はあった[16][17]ものの、成功例はなかった。

しかし、2011年に北アイルランドのブレンダン・ドーランが、ついにこの歴史的快挙を達成した。

プレイヤー ラウンド セット レッグ 対戦相手 方法 賞金 レフェリー コメンテイター
2011 北アイルランドの旗 ブレンダン・ドーラン 準決勝 2 4 イングランドの旗 ジェイムズ・ウェイド D20, T20 x 2; T20 x 3; T20, T17, BULL £5,000 ジョージ・ノウブル ジョン・グウェン
ロッド・ヘァリントゥン


ハイエスト・チェクアウト[編集]

プレイヤー 数字 賞金
1998 不明 不明 不明
1999 不明 不明 不明
2000 アメリカ合衆国の旗 スティーヴ・ブラウン 170 不明
2001 オランダの旗 ローラント・スホールテン 164 不明
2002 イングランドの旗 フィル・テイラー 153 不明
2003 イングランドの旗 アラン・ウォーリナー=リトゥル 170 不明
2004 イングランドの旗 クリス・メイスン 164 £3,000
2005 イングランドの旗 デイヴ・アスキュー 170 不明
2006 イングランドの旗 ロニー・バクスター 160 不明
2007 イングランドの旗 エァンディ・ヘァミルトゥン 156 不明
2008 オランダの旗 ライモント・ファン・バルネフェルト 170 不明
2009 イングランドの旗 エイドゥリアン・ルーイス 167 不明
2010 オーストラリアの旗 サイモン・ウィットロック
オランダの旗 ライモント・ファン・バルネフェルト
イングランドの旗 フィル・テイラー
170 不明
2011 イングランドの旗 ジェイミー・ケイヴン
北アイルランドの旗 ブレンダン・ドーラン
170 不明

記録[編集]

このイヴェントの歴代の記録は、以下の通りである[2][3]

回数[編集]

ここでは、回数に関する記録を紹介する。 ただし、100以上の平均値となった対戦記録の回数は、#100以上の平均値の項で紹介する。

最多優勝[編集]

最多決勝出場[編集]

最多出場[編集]

180[編集]

180の記録は、2008年以降のものに限定する。

最多の大会[編集]
1大会中の最多[編集]

100以上の平均値[編集]

ダブル・インというルールがあるため、他のトーナメントより100以上の平均値を達成するのは、困難である。 それでも、何度か100以上の平均値を達成された試合は、存在する。

以下の記録は、1998年、1999年は全て、2000年から2003年までのラスト16以下、2005年のラスト32の結果は、データが存在せず、反映されていない。

1大会中の平均[編集]

未だ達成されたという記録はない。 100に近い記録として、フィル・テイラーの99.23 (2010) がある。

最高対戦平均値[編集]

2011年までの最高は、フィル・テイラーの103.02である。

回数[編集]

2011年までの最多は、フィル・テイラーの7回である。

脚注・参照[編集]

  1. ^ a b Revised PDC ProTour Rules PDC
  2. ^ a b c d World Grand Prix Darts Database
  3. ^ a b c d World Grand Prix Mastercaller
  4. ^ 実際に支払われた賞金の合計。ただし、不明の項目を£0としている。
  5. ^ SkyBet World Grand Prix NetZone PDC
  6. ^ Sky Poker World Grand Prix PDC
  7. ^ Skybet World Grand Prix NetZone PDC
  8. ^ Bodog.com WGP NetZone PDC
  9. ^ a b PartyPoker.com World Grand Prix NetZone PDC
  10. ^ 男女各部門で実際に払われた合計額と、達成されたら支払われ、達成されなければ積み立てられることなく消失するナイン・ダート・フィニッシュの賞金の合計額。
  11. ^ Lakeside World Professional Darts Championships (Men's) Darts Database
  12. ^ Lakeside World Professional Darts Championships (Women's) Darts Database
  13. ^ PDCが2011年に開催するトーナメントにおけるハイエスト・チェクアウトの賞金額は不明なため、それ以外の実際に支払われた額の合計。
  14. ^ World Grand Prix Draw Made PDC
  15. ^ 形式的に説明すると、4つのグループ (各4人) に分かれて、3位決定戦有りの勝ち抜きトーナメントを行い、順位が決定したら、2位と3位が対戦し、勝利した方と1位のプレイヤーが、プレイオフの勝ち抜きトーナメントに出場できる。
  16. ^ Bodog.com WGP - Quarter-Finals PDC
  17. ^ SkyBet World Grand Prix Semi-Finals PDC

外部リンク[編集]