ローンパイン・コアラ・サンクチュアリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ローンパイン・コアラ・サンクチュアリ
Lone Pine Koala Sanctuary
ゴシキセイガイインコに餌付けをしているところ
施設情報
正式名称 Lone Pine Koala Sanctuary
愛称 ローンパイン
開園 1927
所在地
オーストラリア・クイーンズランド州ブリスベン
テンプレートを表示


ローンパイン・コアラ・サンクチュアリ(Lone Pine Koala Sanctuary)はオーストラリアクイーンズランド州の州都ブリスベンの郊外へ直線距離にして南へ7kmほどのサバーブであるフィグツリー・ポケットに位置し、ブリスベン川に面する。世界最長の歴史を持ち、世界最大のコアラ保護区である。

概要[編集]

1927年設立。コアラが130頭以上飼育されているほか、カンガルーウォンバットハリモグラタスマニアデビル数種の爬虫類など、オーストラリアに生息する動物が飼育されている。

ある程度のお金を支払うことにより、コアラを始め、ヘビ、イリエワニの子供、猛禽類などを保定した状態で写真を撮影することが出来る。さらに追加料金を支払うことによりカレンダーやポストカードを作ることも可能である。ただし、コアラは非常に敏感な動物であるため、クイーンズランド州の規則によりコアラ一匹に対し抱くことができるのは一日30分までで、さらに4日おきでなければならないという規則が設けられている。

区内にはカンガルーやワラビーなどが放し飼いにされており観光客が餌を与えることもできる。

エミューヒクイドリワライカワセミキバタンなどオーストラリア固有の鳥類も多数飼育されているほか、クジャクがサンクチュアリ内、もしくはサンクチュアリ周辺で放し飼いにされている。

日に3回、シープドッグショウが催されている他、カンガルーへの餌付け、ゴシキセイガイインコへの餌付けなども行っている。

また、英語圏の幼稚園児から高校生向けに、もしくは英語が第二言語である学生向けに、複数の教育プログラムも作られており、野生動物に関する教育にも力を入れている。18歳以上には、一日の飼育員トレーニングプログラムが用意されている。

アクセス[編集]

バス[編集]

ブリスベン市営バスであるトランスリンクが市中心部からローンパイン・コアラ・サンクチュアリまでのバスを運行している。

船舶[編集]

クルーザーがシティの南側、ブリスベン川を挟んだサウスバンク公園付近から一日一往復している。約1時間30分ほどで到着するが、途中、ブリスベンの歴史的な建物やサウス・イースト・クイーンズランド地域では最大級の、オオコウモリ類の生息地であるインドロピリー島などを、川から見ることが出来る。

その他[編集]

自家用車、レンタカー、タクシーなどでブリスベン中心部からは約20分で到着できる。また、ブリスベン中心部やゴールドコーストからのツアーも催されている。

ギャラリー[編集]


関連項目[編集]

外部リンク[編集]

座標: 南緯27度31分58.56秒 東経152度58分9.47秒 / 南緯27.5329333度 東経152.9692972度 / -27.5329333; 152.9692972