ロールス・ロイスPWR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロールス・ロイスPWR(Rolls-Royce PWR)は、イギリス海軍原子力潜水艦に搭載されていている加圧水型原子炉ロールス・ロイス社の子会社ロールス・ロイス海洋動力機関[訳語疑問点]が製造し、1966年に就役したヴァリアント級原子力潜水艦以来、イギリス海軍の原子力潜水艦の動力として用いられてきた。イギリス最初の原子力潜水艦ドレッドノートはアメリカ・ウエスティングハウス社製S5W原子炉を動力源としていた。

PWR1[編集]

イギリスで3隻目の原子力潜水艦ウォースパイト(HMS Warspite)。PWR1原子炉を装備した2番目の原子力潜水艦

イギリスで最初の海軍用原子炉であるPWR1は、ロールスロイス社が設計・建造した。ただし炉心部だけはウエスティングハウス社の設計を用いている。この原子炉[1]は1965年に臨界に達した。アメリカ・イギリス相互防衛協定のもとでの技術移転によってアメリカから提供された潜水艦設計と静粛化技術に関する「相当な量の」情報と引き換えに、ロールスロイスは自力で原子炉を設計することができた[2]

ダービーのロールス・ロイス海洋動力機関が設計と製造の中心となり、ドーンレイにあるイギリス国防省のヴァルカン海軍原子炉試験施設(Vulcan Naval Reactor Test Establishment、HMS Vulcan)で原子力潜水艦への組み込みに先立って試験が行われた。

PWR1を搭載する原子力潜水艦[編集]

PWR2[編集]

PWR2はイギリス海軍の潜水艦動力用に設計された最新の原子炉。PWR2はトライデント・ミサイルを搭載したヴァンガード級弾道ミサイル原子力潜水艦のために開発された、PWR1の発達型である。最初のPWR2原子炉は1985年に竣工し、1987年6月にヴァルカン海軍原子炉試験施設でテストが開始された。

PWR2の最新の設計はコア H(Core H)である。コア Hにより、燃料交換の必要がなくなり、潜水艦が就役期間に2つの原子炉を再装備せずに済むようになる。ヴァンガード(HMS Vanguard, S28)は、姉妹艦3隻に引き続いて改修時に新しい炉心を装備する。アスチュート級原子力潜水艦は、艦自体と等しい寿命を持つこのコア H炉心を装備する。PWR2は弾道ミサイル潜水艦用に開発されたため、現行のイギリス海軍の攻撃型原子力潜水艦用の原子炉に比べてかなり大きく、そのためアスチュート級の船殻はPWR2に適合させるため大型化された。

情報の自由法英語版のもと、国防原子力安全査察官(Defence Nuclear Safety Regulator)によるPWR2の設計に対する安全評価が2011年3月に公開された[3]。このレポートはイギリス国防省の高位の意思決定機関である国防委員会(Defense Board)[訳語疑問点]2009年11月に提出されたもので[3]、PWR2は構造的な欠陥による脆弱性を抱えており、冷却水喪失事故にさらされた場合に放射性物質を炉心外部に放出する危険があると指摘し、潜水艦用原子炉と民生用原子炉を比較すると安全性に乏しく[4]、現在のイギリスの慣行は「基準に合致した適切で良好な慣行」(benchmarked relevant good practice)に著しく及ばないと指摘した[3]。また、同レポートは原子炉に問題があるため、原子炉緊急停止後の水面への浮上の妨げとなり、そうした深度制御の喪失が複数の致命的な事態をもたらすリスクがあるとも指摘している[3]

PWR2を搭載する原子力潜水艦[編集]

PWR3[編集]

ヴァンガード級の後継のトライデント弾道ミサイル・システムの推進機関として3つのオプション、すなわちPWR2、PWR2b(性能を改善したPWR2派生型)、PWR3があった[5] 。PWR3は、アメリカの設計を元にするがイギリスの原子炉技術を用いた新しいシステムである。PWR2bとPWR3はおおよそコストは同等だがPWR3は、PWR2派生型よりもシンプルで安全な設計であり長い寿命と低い整備所要を備えている[5]

2011年3月リアム・フォックス国防大臣は、PWR3の方がより好ましい選択肢であると述べた。「なぜなら、これらの原子炉の方がよりよい安全への見通しを与えてくれるからです」[6][7]。2ヵ月後、イギリス国防省はPWR3が30億ポンドの予算で後継として選定されたと発表した[6][8][9]。国防省によれば、PWR3はPWR2に比べて性能と保守性において優れ、原子炉に求められる高い安全性の要求にも合致する。PWR3を装備した潜水艦は潜水艦1隻当たり5千万ポンドを要し、これはPWR2を装備した潜水艦を購入し、25年間運用するのと比べて高価ではあるが、PWR3の設計にはより長い寿命があるので、より長い期間にわたって潜水艦を運用するのであれば安価なものである[5]

アスチュート級7番艦のエイジャックス(HMS Ajax)がPWR3を装備するとの紛らわしいプレスリリースがある[10]が、2012年10月時点ではエイジャックスは他のアスチュート級と同じくPWR2を装備している[11]

製造会社[編集]

PWRを製造しているロールス・ロイス海洋動力機関(Rolls-Royce Marine Power Operations Limited)はロールス・ロイスの子会社で、ヴィッカーズ、フォスター・ホイーラー、のちにバブコックス・アンド・ウィルコックスが参画して1954年に設立された合同会社ロールス・ロイス・アンド・アソシエーツ(Rolls-Royce and Associates)が、1999年1月15日に現社名に改称するとともにロールス・ロイス社の海洋ビジネス部門の一部となったもの。

核物質取り扱いの免許を得た3つの地区で操業しており、そのうち2つはダービーのレインズウェイにある。製造地区(Manufacturing Site)は1960年8月に免許交付され、イギリス海軍の潜水艦向けのウラン燃料処理及びPWR原子炉炉心を製作している。ネプチューン放射性部品施設地区(The Neptune/Radioactive Components Facility Site)は1961年11月に免許交付され、原子炉炉心の実験を実施するためのネプチューン試験原子炉が設置されている。

脚注[編集]

  1. ^ Daniels, R.J, p.135-136, The End Of An Era: The Memoirs of a Naval Constructor, Periscope Publishing Ltd, 2004, ISBN 1-904381-18-9
  2. ^ p.529, Conway's All The World's Fighting Ships, US Naval Institute Press, Annapolis, 1996, ISBN 1-55750-132-7
  3. ^ a b c d Rob Edwards (2011年3月10日). “Flaws in nuclear submarine reactors could be fatal, secret report warns”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/world/2011/mar/10/royal-navy-nuclear-submarine-reactor-flaws 2011年3月28日閲覧。 
  4. ^ Joseph Watts (2011年3月11日). “Expert warned MoD on safety of Rolls-Royce nuclear sub reactors”. Derby Telegraph. http://www.thisisderbyshire.co.uk/news/Expert-warned-MoD-safety-Rolls-Royce-nuclear-sub-reactors/article-3319943-detail/article.html 2011年3月28日閲覧。 
  5. ^ a b c The United Kingdom’s Future Nuclear Deterrent: The Submarine Initial Gate Parliamentary Report (pdf)”. Ministry of Defence. p. 5 (2011年5月). 2013年10月12日閲覧。
  6. ^ a b “Fox wants new reactors for Trident”. defencemanagement.com. (2011年3月15日). http://www.defencemanagement.com/news_story.asp?id=15779 2011年3月28日閲覧。 
  7. ^ Severin Carrell (2011年3月23日). “Navy to axe 'Fukushima type' nuclear reactors from submarines”. The Guardian. http://www.guardian.co.uk/uk/2011/mar/23/navy-submarines-nuclear-reactors 2011年3月28日閲覧。 
  8. ^ “PWR3 Reactor chosen for Trident”. defencemanagement.com. (2011年5月18日). http://www.defencemanagement.com/news_story.asp?id=16337 2011年6月17日閲覧。 
  9. ^ “CSA: Safety paramount for RN nuclear submarine reactors”. Defence News (Ministry of Defence). (2011年6月9日). http://www.mod.uk/DefenceInternet/DefenceNews/EquipmentAndLogistics/CsaSafetyParamountForRnNuclearSubmarineReactors.htm 2011年6月17日閲覧。 
  10. ^ Royal Navy submarine contract awarded”. UK Ministry of Defence (2012年6月18日). 2013年10月12日閲覧。
  11. ^ House of Commons - Written Answers Column 311W”. UK Parliament (2012年10月17日). 2013年10月12日閲覧。

外部リンク[編集]