ロト6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ロト6(ロトシックス、LOTO 6)とは、日本で発売されている数字選択式全国自治宝くじにおいて、5種類ある賭け式のうち1つの名称。

概要[編集]

01から43までの43個の数字の中から異なる6個を選択するものである。抽せんは、12月31日 - 1月3日を除く毎週木曜日18:45 (JST) から行われる。2011年4月4日から、月曜日も加わり週2回体制となる。

数字の組み合わせは6,096,454通りあるがロト7は10,295,472通りあるため難易度はロト7よりは1等の当せん確率が若干高いが2等に関してはロト6の方が当せん確率は低い。

ちなみに、第1回の当せん番号は02 08 10 13 27 30 ボーナス数字39で、1等の当せん金は45,513,600円だった。

 等級  当せん条件 当せん確率  当せん金額 
 (見込み当せん金額) 
1等 申込数字が本数字6個と全て一致。 1 / 6,096,454 100,003,400円(※1口当たりの見込み当せん金額) 
2等 申込数字6個のうち5個が本数字に一致し、且つ残り1個の申込数字がボーナス数字と一致。 6 / 6,096,454 15,000,300円(※1口当たりの見込み当せん金額)
3等 申込数字6個のうち5個が本数字に一致。 216 / 6,096,454 500,000円(※1口当たりの見込み当せん金額)
4等 申込数字6個のうち4個が本数字に一致。 9,990 / 6,096,454 9,500円(※1口当たりの見込み当せん金額)
5等 申込数字6個のうち3個が本数字に一致。 155,400 / 6,096,454 1,000円(原則固定)
1等 
申込数字が本数字6個全て一致するもの。見込み当せん金は約1億円になる。前回からのキャリーオーバーがある場合はその金額全てをその回の1等の配当に加算する。 (最高配当:200,000,000円 キャリーオーバー時:400,000,000円 最低配当:1,814,700円)
2等 
申込数字が本数字5個と一致し、且つ残りの1個の申込数字がボーナス数字と一致するもの。各回6通りの組み合わせが当せん、見込み当せん金は約1,500万円になる。(最高配当:131,153,300円 最低配当:57,100円)
3等 
申込数字が本数字5個と一致し、残りの1個の申込数字はボーナス数字以外であるもの。各回216通りの組み合わせが当せん、見込み当せん金は約50万円になる。(最高配当:1,413,700円 最低配当:133,800円)
4等 
申込数字が本数字4個と一致するもの。各回9,990通りの組み合わせが当せん、見込み当せん金は約9,500円になる。(最高配当:19,900円 最低配当:4,800円)
5等 
申込数字が本数字3個と一致するもの。各回155,400通りの組み合わせが当せんになる。当せん金額は原則として1,000円固定。

当せん金はまず5等当せん分(当せん口数×1,000円)が割り当てられ、残額を4等以上の各等に一定割合で振り分ける(1等はこれに前回までのキャリーオーバーを加算)。 このため、4等以上の当せん金の多寡は、実は5等の当せん口数にも影響される(販売実績額と当せん口数が同じでも5等の当せんが多いとその分少なくなる可能性がある)。

抽せんの方法などはミニロトロト7に類似するが、ロト6とロト7は、当せん者が出なかった等級があった場合(主に1等)や、当せん金額が法定限度額を超えた場合、次回抽せん分の1等当せん金にキャリーオーバーされる。

キャリーオーバーがある場合の当せん金額は最高4億円、ない場合は最高2億円である。また、各等級間の重複当せんは認められない。1口200円で購入でき、キャリーオーバーがない状態での期待値は約89.94円である。

販売実績額[編集]

ロト6の売り上げは、週1回開催時代は40 - 50億円前後であったが、週2回になってからは20 - 25億円前後まで低下している。さらにロト7の登場もあってか、さらに販売実績額は下がり16 - 17億円程度になっている。これにより、キャリーオーバーが無い状態では、1等が1口のみでも2億円に届かず、事実上、1等が該当なし(0口)でなければキャリーオーバーが発生しない場合が多くなっている。なお2012年5月10日抽せんの第657回を最後に、1等2億円は出ていない。

当せん金に関する出来事[編集]

1等と2等の逆転[編集]

第84回、第230回、第625回では、1等よりも2等の当せん口数が少なかったため、2等の当せん金額が1等を上回った。

  • 第84回(2002年5月16日抽せん)
    • 1等 - 17口当せん、当せん金額 15,692,300円
    • 2等 - 8口当せん、当せん金額 30,011,300円
  • 第230回(2005年3月17日抽せん)
    • 1等 - 167口当せん、当せん金額 1,814,700円
    • 2等 - 29口当せん、当せん金額 9,405,200円
  • 第625回(2012年1月19日抽せん)
    • 1等 - 13口当せん、当せん金額 16,095,600円
    • 2等 - 7口当せん、当せん金額 26,902,500円

2等と3等の逆転[編集]

第691回では、2等よりも3等の当せん口数が少なかったため、3等の当せん金額が2等を上回った[1][2]。これは、テレビドラマ「LOST」の影響が大きい。

  • 第691回(2012年9月6日抽せん)
    • 2等 - 3470口当せん、当せん金額 57,100円
    • 3等 - 702口当せん、当せん金額 338,700円

高配当[編集]

ロト6の2等の当せん口数は、平均して5~10口前後で、当せん金は1,000万円~2,000万円前後であるが、第806回(2013年10月21日抽せん)は、当せんが1口しかなかったため、配当が124,949,100円もの超高配当(ちなみにロト6の2等の見込み当せん金額は1口当たり15,000,300円である)となった。 更に第817回(2013年11月28日抽せん)では、またしても当せんが1口しかなかったため、配当が131,153,300円となり、第806回の記録を超える更なる超高配当となった。

低配当[編集]

ロト6の2等の当選口数は、平均して5~10口前後で、当せん金は1,000万円~2,000万円前後であり、当せん者が極端に少ない場合は配当が1億円を超えることもあるが、第691回(2012年9月6日抽選)では、2等の当選口数が3,470口もあったため、配当金はわずか57,100円であった。ちなみに同じ回の3等の当せん金は338,700円(702口)で、2等の当せん金が3等よりも低いという非常に珍しい結果であった。

珍しい組み合わせの当選数字[編集]

第301回と第713回の当選数字は、三連続数字×2という非常に珍しい並びとなった。

  • 第301回(2006年7月27日抽せん)
    • 04 05 06 09 10 11 - 当せん金額 18,472,800円
  • 第713回(2012年11月22日抽せん)
    • 19 20 21 24 25 26 - 当せん金額 25,401,100円

同じ売り場で1等が2口出る[編集]

第210回(2004年10月28日抽せん・キャリーオーバー314,141,705円)では、西新井トスカチャンスセンターで1等(当せん金額390,786,900円)が2口出た。

1等と2等がともに該当なし[編集]

第798回(2013年9月22日)の抽せんで、1等と2等の両方が該当なしとなり、248,463,449円のキャリーオーバーが発生した。2等の該当なしはロト6史上初である。ちなみに2等の1口あたりの最高金額は、第817回(2013年11月28日)の抽せんの131,153,300円である。

脚注[編集]

  1. ^ “ロト6、3等金額が2等の6倍 米ドラマ影響?”. 47NEWS. 共同通信 (全国新聞ネット). (2012年9月7日). http://www.47news.jp/CN/201209/CN2012090701001251.html 
  2. ^ “「呪いの数字」でロト6に異常事態 海外ドラマ「LOST」の影響”. ねとらぼ (ITmedia). (2012年9月7日). http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1209/07/news056.html 

関連作品[編集]

外部リンク[編集]