レーニア (高速戦闘支援艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
USS RAINIER (AOE-7).jpg
艦歴
発注 1988年11月3日
起工 1990年5月31日
進水 1991年9月28日
就役 1995年1月21日
退役 2003年8月28日
その後 2003年8月28日に移管、転籍し運用中
除籍
性能諸元
排水量 48,800トン
全長 230 m (754.6 ft)
全幅 32.6 m (107 ft)
吃水 11.9 m (39 ft)
機関 ゼネラル・エレクトリック
LM 2500 ガスタービン, 105,000 shp、2軸推進
最大速 26ノット (48 km/h)
航続距離
乗員 軍人30名、民間人176名
航空機 MM-60 または SH-60 2機
モットー The Legend Of Service

レーニア(USNS Rainier, T-AOE-7)は、アメリカ海軍高速戦闘支援艦サプライ級高速戦闘支援艦の2番艦。艦名はレーニア山に因む。その名を持つ艦としては3隻目。

艦歴[編集]

レーニアは1990年5月31日カリフォルニア州サンディエゴナショナル・スチール・アンド・シップ・ビルディング社で、1991年9月28日進水し、1995年1月21日就役した。

2003年8月28日にレーニアは海上輸送司令部 (Military Sealift Command) に移管された。その際に武装は取り外されている。現在の母港はワシントン州ブレマートンキトサップ海軍基地である。

レーニアは空母打撃群に随伴できる速度を持り、任務群に対して急速な補給を行う。戦闘支援艦はシャトル船から燃料、弾薬および物資を受け取り、空母打撃群の艦艇にこれらの荷を再分配する。高速戦闘支援艦による短時間の補給は戦闘時の脆弱性を縮小する。

外部リンク[編集]