ルーヴル・逆ピラミッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
逆ピラミッドと石のピラミッド

ルーブル・逆ピラミッド (La Pyramide Inversée) は、フランスルーブル美術館前にあるショッピングセンター「ルーブル・ド・カルーゼル」に設置された採光である。ルーブル・ピラミッドの上下を逆さまにして小型化した形状をしている。

逆ピラミッドの四角い部分(通常のピラミッドでは底部となっている部分)は上側になっているため、外から簡単に目にすることができる。

デザイン[編集]

設計事務所Pei Cobb Freed & Partners社により設計され、ルーブル美術館の第二期リノベーション時に設置された。完成は1993年である。1995年にはベネディクトス賞の受賞候補となった。

逆ピラミッドの設置場所は、主要な通路2本の交差部分に位置しており、観光客を美術館の入口へと導く役割を果たしている。張力30トン、13.3メートル平方の鉄製のケーソン枠と合わせガラスでできた逆ピラミッドの頂点は、床上1.4メートルの中空に位置している。ピラミッドを形成する個々のガラスは厚さが30ミリメートルあり、長さ381ミリメートルのステンレス製の十字に接続されている。日が暮れると、サーチライトでライトアップされる。

下向きのガラスのピラミッドの直下の床には、高さ1メートルほどの小さな石のピラミッドが設置されていて、「上部にある、より大きなピラミッド」を映しているかのように見える。それら二つのピラミッドの頂点は、あと少しで触れ合いそうな距離にある。

逆ピラミッドの解釈[編集]

逆ピラミッドの意味について、何人かの作家が解釈している。

ダン・ブラウン
ダ・ヴィンチ・コード』の主人公ロバート・ラングドンは、「逆ピラミッドは女性のシンボルである聖杯を意味する」、「上向きの石のピラミッドは男性のシンボルであるを意味する」、「全体ではの融和を暗示する」、と解釈している。
また、「小さな石のピラミッドは、実は床下に隠された大きなピラミッド(おそらくは上部にある逆ピラミッドと同じ大きさのもの)の頂点部分に過ぎず、その隠し部屋には、マグダラのマリアの遺骸が納められている」、と結論している。
映画版のクライマックスでは、上記の結論が視覚化されている。
ラファエル・オーリヤック(Raphaël Aurillac)
"Le guide du Paris maçonnique"において、「ルーブルフリーメイソンの寺院である」と断言している。
ガラスのピラミッド(頂点が下を向いた逆ピラミッド)はフリーメイソンのシンボル、すなわちは、薔薇十字団モットーである「V.I.T.R.I.O.L.(Visita Interiorem Terrae Rectificandoque / Invenies Occultum Lapidem」(地球の内部を訪ねよ、されば秘密の石を得ん)を表すと考えている。
ドミニク・ゼツェップファン(Dominique Setzepfandt)
フリーメイソンの建築に関し、「2つのピラミッドは、共にソロモンの指輪を意味するコンパス正方形を暗示している」としている。[要出典]

外部リンク[編集]

座標: 北緯48度51分41.1秒 東経2度20分2.8秒 / 北緯48.861417度 東経2.334111度 / 48.861417; 2.334111