ルートヴィッヒ・ハイルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Ludwig Heilmann
1903年8月9日 - 1959年10月29日
Bundesarchiv Bild 146-1973-005-06, Ludwig-Sebastian Heilmann.jpg
生誕 Flag of Bavaria (striped).svg バイエルン王国ヴュルツブルク
軍歴 1921-33年(ワイマール共和国 陸軍)
1934-40年(ドイツ陸軍)
1940-45年(ドイツ空軍)
最終階級 降下猟兵少将
テンプレートを表示

ルートヴィッヒ・ハイルマン(Ludwig Heilmann、1903年8月9日 - 1959年10月29日)は、第2次世界大戦時のドイツ空軍の降下猟兵部隊の将軍である。

軍歴[編集]

ルートヴィッヒ・ハイルマンは1921年初めにドイツ陸軍に入隊した。12年間勤務した後の1933年に軍務を退いたが、幾つかの職を経た後1934年7月1日に第20歩兵連隊の第5中隊指揮官の中尉として復帰した。フランス戦線では第91歩兵連隊/第3大隊に所属し一級鉄十字章を受勲した。

ハイルマンは1940年6月18日降下猟兵部隊に転籍し、様々な職種と地位を経てハイルマン少佐は第1降下猟兵連隊/第III大隊の大隊長になった。1941年5月20日にクレタ島への空挺攻撃のメルクール作戦で彼の大隊は第1波としてクレタ島へ降下した。ハイルマンの大隊はこの作戦での成功に貢献した。

1941年の晩秋にハイルマンと彼の大隊は東部戦線に送られ、そこで歩兵として戦った。部隊がVyborgskaya橋頭堡の防衛戦を戦っている間の1942年4月20日にハイルマンは大尉に昇進した。1943年8月20日にハイルマンは第3降下猟兵連隊/第IV大隊の指揮官になり、11月15日には連隊長になった。

連合国軍のシチリア島上陸の後、ハイルマンと彼の連隊はヘルマン・ゲーリング装甲師団の「シュマルツ戦闘群(Battle Group Schmalz)」の補強のためにカターニア平原に降下した。彼の大隊はフランコフォルテ(Francoforte)とレガルブート近郊のチェントリペ(Centuripe)、ボンテ(Bonte)とマレットで戦った。1943年12月1日にハイルマンは大佐に昇進した。

イタリア本土ではハイルマンの連隊はオルトーナ近郊で戦い、12月15日に敵軍の集結地に攻め込んだ。ルドルフ・ボームラー(Rudolf Böhmler)少佐とゴットハルト・リーブシャー(Gotthart Liebscher)大尉に率いられた連隊の第Iと第II大隊がヴィラグランデ(Villa Grande)地区を確保し、オルトーナは12月28日まで持ちこたえた。

ハイルマンの連隊はモンテ・カッシーノの戦いにも参加した。カッシーノでの3度目の会戦は修道院の山の争奪戦の正念場であった。

1944年11月17日にルートヴィッヒ・ハイルマンは第5降下猟兵師団の指揮官になり、この師団は後にアルデンヌで戦った

ルートヴィッヒ・ハイルマンは戦争終結の少し前にアメリカ軍の捕虜になり、1947年に釈放された。

リヒャルト・ハイドリヒ(右)と共に、1944年1月

受勲[編集]

出典[編集]

  • Berger, Florian, Mit Eichenlaub und Schwertern. Die höchstdekorierten Soldaten des Zweiten Weltkrieges. Selbstverlag Florian Berger, 2006. ISBN 3-9501307-0-5.
  • Fellgiebel, Walther-Peer. Die Träger des Ritterkreuzes des Eisernen Kreuzes 1939-1945. Friedburg, Germany: Podzun-Pallas, 2000. ISBN 3-7909-0284-5.
  • Kurowski, Franz. Knights of the Wehrmacht Knight's Cross Holders of the Fallschirmjäger. Schiffer Military. ISBN 0-88740-749-8.

外部リンク[編集]