ルイ・プザン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ルイ・プザンフランス語: Louis Pouzin、1931年 - )は、データグラムという概念を考案し、初期のパケット通信ネットワーク CYCLADES を設計した。初期のコマンドラインインタフェースも生み出した。フランスニエーヴル県シャントネ=サン=タンベール出身。

その成果はロバート・カーンヴィントン・サーフといった人々がDARPAの下でインターネットTCP/IPを開発する元になった。

CTSSの設計に関わったプザンは、1963年か64年ごろにRUNCOMというプログラムを書いている。RUNCOMはフォルダー内のコマンド群の実行を許可するプログラムで、コマンドラインインタフェースシェルスクリプトの先祖と見なすこともできる。実のところプザンは1964年か65年にコマンドライン言語を「シェル (shell)」と名付けた当人だという[1]。プザンのコンセプトは後にマサチューセッツ工科大学でグレンダ・シュローダーがMulticsに実装した。

2003年3月19日、レジオンドヌール勲章のシュヴァリエを受勲。

脚注・出典[編集]

外部リンク[編集]