ヨハン・パトクル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨハン・ラインハルト・フォン・パトクル

ヨハン・ラインハルト・フォン・パトクル(Johann Reinhald von Patkul, 1660年7月27日 - 1707年10月10日)は、リヴォニアスウェーデン領リヴォニア)の貴族政治家バルト・ドイツ人1699年北方同盟結成に尽力した。

ストックホルムの獄中(父が外患罪容疑で収監中だったため)で生まれ、軍人として経験を積む。その後パトクルは政治家となり、1690年にリヴォニア代表としてスウェーデンに赴いている。この当時リヴォニアは、絶対王政を導入したスウェーデン王カール11世により、農奴制を含めた特権を剥奪されていた。この為パトクルは、1692年に嘆願書を起草し、カール11世へ提出した(嘆願書には貴族の反乱も匂わせていた)。しかしパトクルはこの為に大逆罪を宣告され、外国へ逃亡した。カール11世の改革に抵抗したパトクルは、スウェーデンと対立していたポーランド・リトアニア共和国亡命し、ポーランド・リトアニア連合君主兼ザクセン公であるアウグスト2世の補佐官となった。野心的なアウグスト2世はパトクルの言を要れ、ロシア及びデンマークとの同盟工作が行われた。この結果三国は、1698年から秘密裏に接触、1699年に北方同盟反スウェーデン同盟)がザクセン公国の首都ドレスデンで結ばれた。その後パトクルは、スウェーデンと対戦した大北方戦争にも従軍した。

しかし、ザクセン=ポーランド連合軍がスウェーデン軍に敗北し、1706年アルトランシュテットの和議が結ばれると、スウェーデン軍に引き渡される事となった。カール12世は父王に犯したパトクルの大逆罪を許さず、翌1707年、パトクルはポーランドのカジミエシュ・ビスクピKazimierz Biskupi)で車輪刑により処刑された。彼の処刑の模様は複数の記録によって詳述されており、処刑の際に首を刎ねろ、と哀願したが息絶えるまでは受け入れられなかったという。

Northern-Europe-map-extended.png この「ヨハン・パトクル」は、北ヨーロッパに関連した書きかけ項目です。記事を加筆・訂正してくださる協力者を求めていますウィキプロジェクト 北ヨーロッパ / Portal:ヨーロッパ