メホ・コドロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
メホ・コドロ Football pictogram.svg
名前
カタカナ メホ・コドロ
ラテン文字 Meho Kodro
基本情報
国籍 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
生年月日 1967年1月12日(48歳)
出身地 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗モスタル
身長 188cm
体重 81kg
選手情報
ポジション FW
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1985-1991 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ヴェレジュ・モスタル 129 (48)
1991-1995 スペインの旗 レアル・ソシエダ 129 (73)
1995-1996 スペインの旗 バルセロナ 32 (9)
1996-1999 スペインの旗 テネリフェ 72 (18)
1999-2000 スペインの旗 アラベス 30 (5)
2000-2001 イスラエルの旗 マッカビ・テル・アヴィヴ 6 (1)
通算 398 (154)
代表歴
1991-1992 ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の旗 ユーゴスラビア 2 (0)
1996-2000 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ 13 (3)
監督歴
2006 スペインの旗 レアル・ソシエダ (アシスタントコーチ)
2008 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 ボスニア・ヘルツェゴビナ
2008-2010 スペインの旗 レアル・ソシエダ (ユース)
2010-2013 スペインの旗 レアル・ソシエダB
2014-2015 ボスニア・ヘルツェゴビナの旗 サラエヴォ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

メホ・コドロMehmed "Meho" Kodro , 1967年1月12日 - )は、ボスニア・ヘルツェゴビナモスタル出身のサッカー選手元ボスニア・ヘルツェゴビナ代表主将。ポジションはフォワード。1990年代に活躍し、ボスニア・ヘルツェゴビナサッカー史上最高のストライカーとしてその名を残す。現在はサッカー指導者。

キャリア[編集]

地元のクラブであるFKヴェレジュ・モスタルにて1985年にキャリアデビューを果たす。 1991年ユーゴスラビア紛争の影響もあり、リーガエスパニョーラレアル・ソシエダへ移籍。恵まれた体格を活かしたダイナミックなプレーに繊細なテクニックを兼備し、強烈なシュートと正確なヘディングで移籍1年目から10ゴールを挙げる活躍。1993-1994シーズンには23ゴールを挙げ、この活躍を目にしたビッグクラブからオファーが殺到する。しかし、コドロはラ・レアルとの契約を延長し、残留する。1994-1995シーズンもヴァレリー・カルピンらのアシストからコンスタントに得点を挙げ、イバン・サモラーノに次ぐ、リーグ2位の25ゴールを記録。

4シーズンに渡り2桁ゴールを挙げ、リーガエスパニョーラ屈指のストライカーとなったコドロは、1995-1996シーズン開幕前にヨハン・クライフ率いるFCバルセロナに移籍。新加入のルイス・フィーゴロベルト・プロシネツキゲオルゲ・ポペスクらと共に第2期ドリーム・チームを構成すると期待された。しかし、新加入の選手が多かったバルセロナはシステムが機能せず、コドロ自身も僅か9ゴールと活躍することができなかった。

シーズン終了後、バルセロナはヨハン・クライフからボビー・ロブソンに政権が交代。コドロ自身もバルセロナからCDテネリフェフアン・アントニオ・ピッツィと入れ替わる形で移籍する。1997-1998シーズンにロイ・マカーイとのコンビで12ゴールを挙げるも、ラ・レアルに在籍していた頃の活躍をすることはできなかった。

その後、1999-2000シーズンにはデポルティーボ・アラベスに移籍し、2001-2002シーズンにイスラエルマッカビ・テルアビブにて現役を引退した。

代表[編集]

ユーゴスラビア代表として2試合に出場。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表としては紛争の影響で13試合に出場し3ゴールを挙げる。ボスニア・ヘルツェゴビナ代表としてのキャップはわずかであるが、独立間もないボスニア・ヘルツェゴビナ代表黎明期にあって唯一のワールドクラスであり、主将、大黒柱としてチームを支えた。