メデアの復讐の踊り

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

メデアの復讐の踊り(めであのふくしゅうのおどり、(英語: Medea's Dance of Vengeance))作品23aは、サミュエル・バーバー管弦楽曲である。1956年2月2日に、ディミトリー・ミトロプーロスの指揮とニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団によって初演された[1]

概略[編集]

当初はマーサ・グラハムのために作曲されたバレエ音楽メデアMedea)》作品23に基づき、7曲からなる演奏会用のバレエ組曲を創ったが、後に作品全体で最も表現力が強いと感じた部分を用いて、単一楽章の楽曲に改作したのが《メデアの復讐の踊り》である。題名もまた紆余曲折を経ており、元々は《メデアの瞑想と復讐の踊り英語: Medea's Meditation and Dance of Vengeance)》と題されていたが、作曲者が亡くなる直前に、より単純な「メデアの復讐の踊り」に改められた[1]

楽器編成[編集]

《メデアの復讐の踊り》は、原曲のバレエ音楽や、組曲版よりも楽器編成が拡張されている。

フルート3、ピッコロ1、オーボエ1、イングリッシュホルン1、クラリネット2、クラリネット変ホ管1、バスクラリネット1、ファゴット2、コントラファゴット1、ホルン4、トランペット3、トロンボーン3、チューバ1、ティンパニスネアドラムバスドラムタムタムトムトムトライアングルシンバルシロフォンピアノ弦楽五部

[編集]

  1. ^ a b Freed, Richard. “Dance of Vengeance, Op. 23a, The John F. Kennedy Center for the Performing Arts”. 2007年8月17日閲覧。

関連項目[編集]