ムンニンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Munningen.png Locator map DON in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: シュヴァーベン行政管区
郡: ドナウ=リース郡
緯度経度: 北緯48度55分
東経10度36分
[1]
標高: 海抜 415 m
面積: 22.78 km²
人口:

1,764人(2012年12月31日現在) [2]

人口密度: 77 人/km²
郵便番号: 86754
市外局番: 09082, 09092
ナンバープレート: DON
自治体コード: 09 7 79 188
行政庁舎の住所: Raiffeisenstraße 3
86754 Munningen
ウェブサイト: www.munningen.de
首長: フリードリヒ・ヘルトレ (Friedrich Hertle)
郡内の位置
Munningen in DON.svg

ムンニンゲン (Munningen) はドイツ連邦共和国バイエルン州シュヴァーベン行政管区ドナウ=リース郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、エッティゲン・イン・バイエルン行政共同体を構成する自治体の一つである。

地理[編集]

位置[編集]

ムンニンゲンはヴェルニッツ川沿いの町で、北のエッティンゲン・イン・バイエルン、南にヴェヒンゲンの中間に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には7つの地区 (Ort) からなる[3]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • ハイト
  • ラウプ
  • ムンニンゲン
  • シュヴェルスハイム

歴史[編集]

この町はローマ時代の Losodica城が発掘されているローマ起源の町である。この町は1265年に初めて文献に記録されている。中世にはエッティンゲン伯の支配下にあった。宗教改革の時代、2つの家系に分裂したエッティンゲン家は1550年頃この町を宗教上分割統治した。1806年ライン同盟によってこの町はバイエルン領となった。バイエルンの行政改革に伴う1818年の市町村令によって自治体としてのムンニンゲンが成立した。1978年にシュヴェルスハイムが合併した。

行政[編集]

ムンニンゲンの町長は、フリードリヒ・ヘルトレ (Freien Wählern) である。

町議会は10人の議員からなる。

見所[編集]

傾いた教会塔はこの町の象徴的建造物である。カトリックの教区教会である聖ペテロ・パウロ教会のこの塔は、先端から地面までで、垂直から約1.74m 傾いている。カトリック教会は2007年に内装と屋根を支える骨組みの改修を行った。これにより、貴重な元来の彩色があることが分かった。2007年12月には新しいクリスマスのクリッペが奉納された。このクリッペはオリエント風で 210×70cmの大きさのものである。この像はヴェネツィアの粘土で作られている。

経済と社会資本[編集]

交通[編集]

州道 2221号線が町を貫いて、エッティンゲン・イン・バイエルンとヴェヒンゲンを結んでいる。郡道 DON 17号線は連邦道 B466号線に至る。メーゲスハイムに通じる道もある。この他に、町の西側にバイパス道路を建設する計画があり、2009年に着工される見込みである。

この町は公共交通機関につながっていない。

引用[編集]

外部リンク[編集]