エーインゲン・アム・リース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Ehingen Ries.png Locator map DON in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: シュヴァーベン行政管区
郡: ドナウ=リース郡
緯度経度: 北緯48度58分
東経10度33分
[1]
標高: 海抜 440 m
面積: 15.64 km²
人口:

809人(2012年12月31日現在) [2]

人口密度: 52 人/km²
郵便番号: 86741
市外局番: 09082
ナンバープレート: DON
自治体コード: 09 7 79 138
行政庁舎の住所: Gemeinde Ehingen a.Ries
Schloßstr. 36
86732 Oettingen i.Bay.
ウェブサイト: www.ehingen-am-ries.de
首長: エルハルト・ミヒェル (Erhard Michel)
郡内の位置
Ehingen am Ries in DON.svg

エーインゲン・アム・リース(Ehingen am Ries、公式な表記は Ehingen a.Ries)はドイツ連邦共和国バイエルン州シュヴァーベン行政管区ドナウ=リース郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、エッティゲン・イン・バイエルン行政共同体を形成する自治体の一つである。

地理[編集]

エーインゲン・アム・リースはネルトリンガー・リース辺縁部に位置し、アウクスブルク開発計画地域に属す。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には7つの地区 (Ort) からなる[3]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • ベルツハイム
  • エーインゲン・アム・リース

歴史[編集]

エーインゲン・アム・リースはアレマン人起源の町であり、エッティンゲン侯領に属した。村のほぼ半分(エルバッハ小集落を含む)はこの一門のプロテスタント系家系に属し、1539年に新しい信仰を選択した。他の半分とニーダーホーフェン小集落はカトリックに留まった。宗教改革の時代以降、エーインゲンの教区教会は、オーバープファルツイルシュヴァンクほかバイエルンにわずかにある Simultankirche(異なる宗派が共同で使用する教会)の一つである。1806年ライン同盟によりこの町はバイエルン領となった。

ベルツハイムの最初の文献上の記録は1053年に Villa Bellesheim としてなされている。この町は旧帝国時代には、ほぼ完全にドイツ騎士団に属した。

人口推移[編集]

  • 1970年 890人
  • 1987年 834人
  • 2000年 798人

行政[編集]

町長は、エルハルト・ミヒェル (Freie Wählergemeinschaft) である。

町議会は8人の議員からなる。

見所[編集]

  • 聖ウルリヒおよび聖シュテファン巡礼教会
  • ベルツハイムのアントニウス礼拝堂

引用[編集]