メンヒスデッギンゲン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Moenchsdeggingen.png Locator map DON in Germany.svg
基本情報
連邦州: バイエルン州
行政管区: シュヴァーベン行政管区
郡: ドナウ=リース郡
緯度経度: 北緯48度44分
東経10度29分
[1]
標高: 海抜 435 m
面積: 32.08 km²
人口:

1,401人(2013年12月31日現在) [2]

人口密度: 44 人/km²
郵便番号: 86751
市外局番: 09088
ナンバープレート: DON
自治体コード: 09 7 79 184
行政庁舎の住所: Albstr. 30
86751 Mönchsdeggingen
ウェブサイト: www.moenchsdeggingen.de
首長: カール・ヴィーデンマン (Karl Wiedenmann)
郡内の位置
Mönchsdeggingen in DON.svg

メンヒスデッギンゲン (Mönchsdeggingen) はドイツ連邦共和国バイエルン州シュヴァーベン行政管区ドナウ=リース郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)で、ネルトリンゲンに本部を置くリース行政共同体を構成する自治体の一つである。

地理[編集]

メンヒスデッギンゲンはアウクスブルク地方のリース南縁に位置する。

自治体の構成[編集]

この町は、公式には7つの地区 (Ort) からなる[3]。このうち小集落や孤立農場などを除く集落を以下に列記する。

  • メルツィンゲン
  • メンヒスデッギンゲン
  • ロールバッハ
  • シャフハウゼン
  • ツルネック
  • ウンターマーゲルバイン
  • ツィスヴィンゲン

歴史[編集]

デッギンゲンは1007年皇帝ハインリヒ2世の文書に初めて記録されている。この頃、この町にはすでに修道院があった。この修道院は1347年以降、エッティンゲン伯、後のカトリック諸侯エッティンゲン=ヴァラーシュタイン侯と関連を深めた。しかし、その後町と修道院はエッティンゲン家の別の2つの家系が支配した。1802年にこの修道院は橋された。1806年ライン同盟によってこの町と世俗化された修道院はバイエルン領となった。1818年に現在の行政自治体が成立した。

2007年にこの町は、1000年祭を祝った。

人口推移[編集]

  • 1970年 1,581人
  • 1987年 1,003人
  • 2000年 1,542人

行政[編集]

町長はカール・ヴィーデンマン (CSU) である。

紋章[編集]

図柄: 上下二分割。下部は赤地に下半分だけの銀の斜め十字。上部はさらに左右二分割。向かって左は青地に金の脚と嘴を持つガチョウ。向かって右は赤い先広十字。

各地区の紋章

文化と見所[編集]

経済と社会資本[編集]

教育[編集]

  • 国民学校 1校

引用[編集]

外部リンク[編集]