ムハンマド・アブデルアズィーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ムハンマド・アブデルアズィーズ
محمد عبد العزيز
Mohamed Abdelaziz, 2005.jpg

任期 1976年8月30日
首相 アブデルカーデル・ターレブ・オマル

出生 1947年8月17日(66歳)
モロッコの旗 モロッコマラケシュ
政党 ポリサリオ戦線

ムハンマド・アブデルアズィーズアラビア語: محمد عبد العزيزmuḥammad ʿabd al-ʿazīz, 英語: Mohamed Abdelaziz1947年8月17日 - )はサハラ・アラブ民主共和国政治家ポリサリオ戦線書記長。1976年より同国革命指導評議会議長、1982年以降は大統領(元首として第2代)。

経歴[編集]

1947年8月17日モロッコマラケシュで生まれる。その後、西サハラモーリタニア・南部モロッコなどに移り住む。父親は王立サハラ問題諮問評議会英語版メンバー。

1970年代にモロッコの大学に通い、1973年に西サハラ住民により結成されたポリサリオ戦線に加わる。1976年8月30日にサハラ・アラブ民主共和国の革命指導評議会議長(元首格)となる。その後西サハラの憲法草案者となり、憲法を初施行した。1982年より役職名が大統領に変更された。

現在、アルジェリアティンドゥフ県難民キャンプ西サハラ政府本部を置き、そこで政治活動を取り仕切っている。

政策[編集]

アブデルアズィーズがサハラ・アラブ民主共和国元首に就任以後、国家第一に政策を推し進めている。また、西サハラの社会体制を自由民主主義に転換し、従来のアラブ諸国の社会体制から大きく転換している。これにより、アメリカ合衆国ヨーロッパ連合からの評価は、比較的高い。また、モロッコ側と協議するなど、西サハラ問題に積極的に取り組んでいる。

関連項目[編集]


公職
先代:
マハフード・アリー・ベイバー英語版
革命評議会議長
サハラ・アラブ民主共和国の旗 サハラ・アラブ民主共和国大統領
1982年まで革命指導評議会議長
第2代:1976 -
次代:
(現職)