ムアンウッタラディット郡

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯17度37分33秒 東経100度5分48秒 / 北緯17.62583度 東経100.09667度 / 17.62583; 100.09667

ムアンウッタラディット郡
位置画像
ムアンウッタラディット郡の位置
情報
タイ語名 อำเภอเมืองอุตรดิตถ์
ウッタラディット県
地理番号 5301
郵便番号 53000
統計
面積 765.476 km2
人口 161,053 人 (2012年)
人口密度 210.39 人/km2
行政
テンプレートを表示

ムアンウッタラディット郡(ムアンウッタラディットぐん、タイ語:อำเภอเมืองอุตรดิตถ์)はタイ北部・ウッタラディット県にある郡(アムプー)、ウッタラディット県の県庁所在地ムアン)でもある。

名称[編集]

ウッタラディットは北の船着き場を意味する、現地では俗にターイット (ท่าอิฐ) と呼ばれ、中国語ではこれを音写した程逸が使われる。日本語ではウタラディットとも。旧称ファーンサワーンカブリー

歴史[編集]

おおよそ、4世紀ごろの青銅器のドラムが見つかっており、ウッタラディットにはそのころから人間の入植が見られた。

17世紀に外交使節としてアユタヤ王朝を訪れた、フランス人はスオウ (Caesalpinia sapan) の街として現在の市街地より北にあったファーンという街を記録している[1]

1767年アユタヤ滅亡のあと、この地の寺院で修行していたルアン (เรือน) という僧が還俗し、ファーン王 (เจ้าพระฝาง) と名乗った。このファーン王は一時、ルアンパバーンヴィエンチャンナーンプレーピッサヌロークまで支配下においたが、タークシン王に討伐された[2]

1887年、ラーマ5世(チュラーローンコーン)はこの地に足を運んだ際、ウッタラディットと改称し、ここに町を建設させた。1899年には同王によって県庁が現在のピチャイ郡からこちらへ移築された。1915年ピチャイ県はウッタラディット県に改称し名実共にウッタラディットは県庁所在地となった。行政区分としてのウッタラディットは1938年までバーンポー郡と呼ばれていたが、以降、県名にあわせムアンウッタラディット郡と改称された[3]

地理[編集]

市はナーン川の形成した台地に位置する。

交通はタイ国有鉄道北本線が南北に通っており、南のピッサヌロークと北のラムパーンを結んでいる。道路は国道11号線が南北に通っており南はピッサヌローク、北はプレー県デンチャイと結んでいる。国道102号線が市から西に延びておりシーサッチャナーライと結ばれている。

経済[編集]

郡内の主要な産業は農業で、主にタマリンドが作られている。

行政区分[編集]

郡内には17のタムボンがあり、その下位に154の村が存在する。市内には3つの自治体(テーサバーン)が設置されており以下のようになっている。

  • テーサバーンムアン・ウッタラディット・・・タムボン・ターイット
  • テーサバーンタムボン・ワンカピー・・・タムボン・ワンカピー
  • テーサバーンタムボン・バーンダーンナーカーム・・・タムボン・バーンダーンナーカーム

また郡内には15のタムボン行政体(オンカーンボーリハーンスワンタムボン)が存在する。

  1. タムボン・ターイット・・・ตำบลท่าอิฐ
  2. タムボン・ターサオ・・・ตำบลท่าเสา
  3. タムボン・バーンコ・・・ตำบลบ้านเกาะ
  4. タムボン・パーサオ・・・ตำบลป่าเซ่า
  5. タムボン・タパオ・・・ตำบลคุ้งตะเภา
  6. タムボン・ワンカピー・・・ตำบลวังกะพี้
  7. タムボン・ハートクルワット・・・ตำบลหาดกรวด
  8. タムボン・ナムリット・・・ตำบลน้ำริด
  9. タムボン・ギウガーム・・・ตำบลงิ้วงาม
  10. タムボン・バーンダーンナーカーム・・・ตำบลบ้านด่านนาขาม
  11. タムボン・バーンダーン・・・ตำบลบ้านด่าน
  12. タムボン・パーチュック・・・ตำบลผาจุก
  13. タムボン・ワンディン・・・ตำบลวังดิน
  14. タムボン・セーントー・・・ตำบลแสนตอ
  15. タムボン・ハートギウ・・・ตำบลหาดงิ้ว
  16. タムボン・クンファーン・・・ตำบลขุนฝาง
  17. タムボン・タムチャローン・・・ตำบลถ้ำฉลอง

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ La Loubére、Simon de: A New Historical Relation of the Kingdom of Siam, London: 1693, pp.4-5
  2. ^ 冨田竹二郎編著『タイ日大辞典』めこん、第三版1997年10月1日、pp.1006-1007 ISBN 9784839601140
  3. ^ “พระราชกฤษฎีกาเปลี่ยนนามจังหวัด และอำเภอบางแห่ง พุทธศักราช ๒๔๘๑”. ราชกิจจานุเบกษา เล่ม ๕๕ (ตอน ๐ ก): หน้า ๖๕๘-๖๖๖. (๐๔ พฤศจิกายน ๒๔๘๑). http://www.ratchakitcha.soc.go.th/DATA/PDF/2481/A/658.PDF. 

外部リンク[編集]