ミロシュ・サードロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ミロシュ・サードロ(Miloš Sádlo, 1912年4月13日 - 2003年10月14日[1])はチェコ出身のチェリスト。本名はミロスラフ・ザートヴルスキー(Miloslav Zátvrzský)

プラハの生まれ。1928年に生地の音楽院でカレル・プラヴォスラフ・ザードロに師事し、師の名前を芸名にすることを許される。 1931年にはプラハ四重奏団のチェロ奏者になり、ヴィオラ奏者のラディスラフ・チェルニーから室内楽の極意を教わったが、1933年に四重奏団は解散した。 1937年にはヤン・クベリークの代わりにロンドンで公演を行って成功を収め、世界的な名声を獲得した。 1947年プラハの春音楽祭ではドミトリー・ショスタコーヴィチと共演し、1950年にはダヴィッド・オイストラフヨハネス・ブラームス二重協奏曲を共演している。 1963年にはヨーゼフ・ハイドンチェロ協奏曲第1番を発見し、みずから校訂して蘇演している。

プラハにて没。

出典[編集]

  1. ^ [1]