ヤン・クベリーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・クベリーク
Jan Kubelík
フィリップ・ド・ラースローによる肖像画
基本情報
出生 1880年7月5日
Flag of Austria-Hungary (1869-1918).svg オーストリア=ハンガリー帝国
ミフレ
死没 1940年12月5日(満60歳没)
ベーメン・メーレン保護領の旗 ベーメン・メーレン保護領プラハ
職業 ヴァイオリニスト
作曲家
担当楽器 ヴァイオリン

ヤン・クベリーク(またはクーベリックJan Kubelík, 1880年7月5日 - 1940年12月5日)は、チェコヴァイオリニスト作曲家。英語読みでジャン・キューベリックとも表記される。

生涯[編集]

現在はプラハ市の一部となったミフレの出身。プラハ音楽院でオタカル・シェフチークに師事した。少年時代は一日の半分を練習に使い、あるいは「自分の指から血が滲むまで」練習したという。1898年以降はソリストとして演奏旅行に出て、間もなく超絶技巧と完全無欠のピッチによって有名になる。数多くの録音と作品を残しており、6つのヴァイオリン協奏曲がある。生涯現役のヴァイオリニストであり続けたが、1920年代から、ヤッシャ・ハイフェッツの大活躍によってクベリークの活動は幾分かすんでしまった。クベリークの演奏は技術的な意味においては正確無比であったが、言わば情感の深みに欠けるとしてしばしば批判された。プラハにて他界。指揮者ラファエル・クーベリックは息子である。詩人のカール・サンドバーグは自作の詩の中でクベリークを詠んでいる。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]