ミノキジ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミノキジ
KoklassRichter.jpg
保全状況評価
LEAST CONCERN
(IUCN Red List Ver.3.1 (2001))
Status iucn3.1 LC.svg
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 鳥綱 Aves
: キジ目 Galliformes
: キジ科 Phasianidae
: ミノキジ属 Pucrasia
: ミノキジ
P. macrolopha
学名
Pucrasia macrolopha
Gray,GR, 1841
和名
ミノキジ
英名
Koklass Pheasant

ミノキジ (蓑雉、学名:Pucrasia macrolopha)は、キジ目キジ科に分類される鳥類の一種である。

分布[編集]

ヒマラヤ山系(アフガニスタン東北部から、パキスタンインド北部、ネパール西北部)からチベットミャンマー北部、中国西南部から東南部にかけて分布する。

形態[編集]

雄は黄褐色の長い冠羽が頭部にあり、その左右に一対の房状の羽毛がある。

生態[編集]

海抜1200-1400mの山岳地の岩のある斜面や、低木や竹の生えた林の中に生息する。

雄は、繁殖期前に頭部の冠羽や房状の羽毛を立てるディスプレイを行う。

絶滅危惧評価[編集]

参照・注釈[編集]

参考文献[編集]

  • 『世界の動物|分類と飼育 キジ目』、財団法人東京動物園協会、1987年、100-101頁

外部リンク[編集]

関連[編集]