ミゲル2世・デ・ブラガンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミゲル・デ・ブラガンサ

ミゲル2世・デ・ブラガンサMiguel II de Bragança, ポルトガル語全名:Miguel Maria Carlos Egídio Constantino Gabriel Rafael Gonzaga Francisco de Paula e de Assis Januário de Bragança, 1853年9月19日 - 1927年10月11日)は、ポルトガル王位請求者。1866年から1920年まで、ブラガンサ公ミゲル2世として活動していた。

ポルトガル廃王ミゲル1世とその妃であるレーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク侯女アデライデの嫡子として、バイエルン王国クラインホイバッハ城で生まれた。ポルトガル内戦に敗れた父ミゲルは、1834年の追放令によって帰国を禁じられていた。そのため、子供たちはドイツオーストリアで教育を受けた。

ミゲル2世はオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世の臣下となり、ボスニア占領の任に就いた。皇帝はミゲルを非常に重用し、ポルトガル政府が拒否しようとも彼がポルトガル国籍を保持することを許し、治外法権の特権を与えた。

ミゲルはオーストリア帝国第7連隊の大佐になり、第一次世界大戦中に陸軍中将となった。ポルトガルが戦争で敵国となると、軍人の地位から離れて文民としてマルタ騎士団へ加入した。オーストリアの敗戦後、ミゲルと家族は貧窮したという。

1920年、長男ミゲルがアメリカ人女性と貴賤結婚したことにより不和となった。ミゲル2世は王位請求者の地位を、当時13歳だった三男ドゥアルテ・ヌノへ譲った。

ミゲルはゼーエンバンシュタインで1927年に没し、ブロンバッハに葬られた。

家族[編集]

1877年、レーゲンスブルクでトゥルン・ウント・タクシス侯世子マクシミリアン・アントンの娘エリーザベトと結婚。

  • ミゲル(1878年-1923年) - 貴賤結婚のため公位継承放棄
  • フランシスコ・ジョゼ(1879年 - 1919年)
  • マリア・テレザ(1881年 - 1945年) - トゥルン・ウント・タクシス侯子カール・ルートヴィヒと結婚

母方の従妹にあたるレーヴェンシュタイン=ヴェルトハイム=ローゼンベルク侯女マリア・テレジアと再婚。

  • イザベル・マリア(1894年 - 1970年) - トゥルン・ウント・タクシス侯フランツ・ヨーゼフと結婚
  • マリア・ベネディタ(1896年 - 1971年)
  • マファルダ(1898年 - 1918年)
  • マリア・アナ(1899年 - 1971年) - トゥルン・ウント・タクシス侯カール・アウグストと結婚
  • マリア・アントニア(1903年 - 1973年)
  • フィリパ・マリア(1905年 - 1990年)  
  • ドゥアルテ・ヌノ(1907年 - 1976年)
  • マリア・アデライデ(1912年 - )