フランツ・ヨーゼフ・フォン・トゥルン・ウント・タクシス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
少年時代のフランツ・ヨーゼフ(右)と弟カール・アウグスト、1910年頃

フランツ・ヨーゼフ・プリンツ・フォン・トゥルン・ウント・タクシス:Franz Joseph Prinz von Thurn und Taxis, 1893年12月21日 レーゲンスブルク - 1971年7月13日 レーゲンスブルク)は、ドイツの貴族、実業家。トゥルン・ウント・タクシス侯爵家ドイツ語版家長(1952年 - 1971年)。全名はフランツ・ヨーゼフ・マクシミリアン・マリア・アントニウス・イグナティウス・ラモラルFranz Joseph Maximilian Maria Antonius Ignatius Lamoral Prinz von Thurn und Taxis)。

生涯[編集]

トゥルン・ウント・タクシス侯アルベルトとその妻でオーストリア大公ヨーゼフ・カールの娘のマルガレーテ・クレメンティーネの間の長男として生まれた。洗礼式にはオーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世が出席した。

フランツ・ヨーゼフは家庭教師に教育を受け、後にストラスブール大学ライプニッツ大学で学んだ。第1次世界大戦が始まると彼は学業を中断し、プロイセンのエリート部隊である近衛部隊に入隊した。戦時中、フランツ・ヨーゼフは中尉にまで昇進し、戦争が終わるとレーゲンスブルクに帰った。フランツ・ヨーゼフはオーバープファルツのノイエゴルフスハイムの城館に居を構え、トゥルン・ウント・タクシス家の財産を管理運営した。また彼は狩猟、歴史、芸術などの趣味を追及する生活を送った。彼は後に居城にある私的な図書館をトゥルン・ウント・タクシス侯宮廷図書館として州に遺贈している。

1939年、フランツ・ヨーゼフはナチス・ドイツ政府の下でポーランド侵攻に従軍した。翌1940年にはフランス侵攻にも従軍している。フランツ・ヨーゼフはフランス駐屯軍の一員として2年半を過ごしたが、1944年3月31日にアドルフ・ヒトラーが出した「ドイツ国防軍に所属する貴族の無能」を弾劾する布告を受け入れたヴィルヘルム・カイテル元帥の命令で除隊処分となった。フランツ・ヨーゼフの一人息子で後継ぎのガブリエルは、1942年12月17日のスターリングラードの戦いで戦死した。

第2次大戦後、フランツ・ヨーゼフは家産を経営するかたわら、レーゲンスブルクの歴史的景観とトゥルン・ウント・タクシス家の本拠である同市のエメラム修道院宮殿の保護活動に取り組むようになった。1963年、彼はレーゲンスブルク市の「経済的、社会的、文化的な諸問題に対する大いなる貢献」によりレーゲンスブルク名誉市民となった。フランツ・ヨーゼフは1971年に亡くなり、エメラム修道院内の墓所に葬られた。レーゲンスブルクには彼の名前に因んだ「フランツ・ヨーゼフ侯世子通り(Erbprinz-Franz-Joseph-Straße)」がある。

子女[編集]

フランツ・ヨーゼフは1920年11月23日、ポルトガル王位請求者ミゲルの娘イサベル・マリアと結婚した。翌年、フランツ・ヨーゼフの弟カール・アウグストと、イサベル・マリアの妹マリア・アンナが結婚している。フランツ・ヨーゼフ夫妻は1男4女の5人の子女をもうけた。

  • ガブリエル・アルベルト・マリア・ミヒャエル・フランツ・ヨーゼフ・ガルス・ラモラル(1922年 - 1942年)
  • ミヒャエル(1922年、ガブリエルの双子の弟、夭折)
  • ヘレーネ・マリア・マクシミリアーナ・エマヌエラ・ミヒャエラ・ガブリエラ・ラファエラ(1924年 - 1991年) - 1947年、シェーンボルン=ヴィーゼンタイト伯爵ルドルフ・エルヴァインと結婚(1967年離婚)
  • マリア・テレジア・ミヒャエラ・ラファエラ・ガブリエラ・カロリーナ・ルドヴィカ(1925年 - 1997年) - 1955年、オッペルスドルフ伯爵フランツ・エドゥアルトと結婚
  • マリア・フェルディナンデ・オイドクシア・ミヒャエラ・ガブリエラ・ラファエラ(1927年 - )1950年にホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯子フランツ・ヨーゼフ(ホーエンツォレルン=ジグマリンゲン侯フリードリヒの次男)と結婚(1951年離婚)
先代:
アルベルト
トゥルン・ウント・タクシス家家長
1952年 - 1971年
次代:
カール・アウグスト