マーシャル諸島航空

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーシャル諸島航空
Air Marshall Islands
IATA
CW
ICAO
MRS
コールサイン
MARSHALL ISLANDS
設立日 1980年
拠点空港 マーシャル諸島の旗マジュロ国際空港
保有機材数 3
就航地 30
本拠地 マーシャル諸島の旗マーシャル諸島共和国マジュロ
外部リンク www.airmarshallislands.com/

マーシャル諸島航空: Air Marshall Islands)はマーシャル諸島共和国マジュロに本社を置く航空会社であり、同国のフラッグ・キャリアである。エア・マーシャル・アイランドとそのまま呼ばれる場合も多い。

概要[編集]

1980年にマーシャル諸島初の航空会社として設立され、1989年に現在の名前となった。2007年3月現在、マーシャル諸島航空の株式は全てマーシャル諸島共和国政府が保有しており、90人の従業員がいる。

2009年1月、マーシャル諸島航空が保有する唯一のDHC-8-Q100機が衝突事故によって翼を損傷したため、マーシャル諸島航空はすべての飛行を中止せざるを得なくなってしまった。すぐに部品の交換が試みられたが、発注ミスによって修理期間が伸び、運行再開は同年の2月になった。

就航都市[編集]

すべてマーシャル諸島の旗 マーシャル諸島国内

保有機材[編集]

機種 機数 席数 備考
DHC-8-Q100 1 34[1]
ドルニエ 228 2 19

脚註[編集]

外部リンク[編集]