ドルニエ 228

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
新中央航空のドルニエ 228

ドルニエ 228 (Dornier 228) は、ドイツドルニエ社により開発された短距離離着陸性能に優れた双発ターボプロップ旅客機である。

ドルニエ社の倒産により生産はストップしていたが、2010年より、型式証明を保有していたドイツのRUAG エアロスペース社がDo228NG(NEW GENERATION/新世代)の名で生産を再開した。

また、インドヒンドスタン・エアロノーティクス社 (HAL) がインド軍向けにライセンス生産している。

経緯[編集]

1970年代にドルニエ社は新しい形状の層流翼(TNT翼)を開発。そしてドルニエ Do 28を改造してこの新しい翼を試験した(これは後にDo 128となる)。

次にドルニエ社はTNT翼のための新しい機体、15人乗りのE-1と19人乗りのE-2の2機を開発した。E-1は1981年3月21日、E-2は1981年5月9日に初飛行を行い、E-1はドルニエ 228-100、E-2はドルニエ 228-200と名を改めて生産が開始された。1982年2月にドルニエ 228が初めての航空路に就役した。日本で同機種を最初に導入したのは1983年12月10日に 日本エアコミューターが運航を開始した。

1983年、HAL社がライセンス権を購入。ドルニエ社だけでなくHAL社でも生産されることになった。1996年にはドルニエが合併し、フェアチャイルド・ドルニエとなったため、フェアチャイルド・ドルニエが販売と生産を引き継いだが、より優れたドルニエ 328に生産ラインを譲るためドルニエ 228の生産は1998年に終了した。

しかし、同型機サイズの新機材を求める需要の高まりもあり、2010年より型式証明を引き継いだRUAG エアロスペースがコックピットの電子化、プロペラブレードを5枚羽にするなど、各所の改修を行った機体を型式Do228-212NGとして生産を再開、日本新中央航空が最初の同型機の導入会社となった。

本邦代理店は航空専門商社の双日エアロスペースである。

なお、ドルニエ 228は民間機の他にも軍用機としてヨーロッパアフリカの軍に採用されている。

日本での運航歴[編集]

エアァシェンペクス ドルニエDo 228(JA8866)
丘珠空港にて撮影
新中央航空 ドルニエDo228NG (JA34CA)
大島空港にて撮影
  • 2001年 壱岐国際航空が元日本エアコミュータで運用された機体 (JA8835) にて、福岡壱岐線を運航開始 (11/22) 。
  • 2002年 壱岐国際航空、福岡-壱岐線を運航休止 (1/16) 。新中央航空、2機目を購入 (JA32CA) 。
  • 2005年 元日本エアコミュータの機材 (JA8835,JA8836,JA8866) が全て登録抹消(国外への売却による)。
  • 2006年 新中央航空、3機目を購入 (JA33CA) 。これで新中央航空の定期便が全てDo 228での運航になった。
  • 2011年 新中央航空、4機目を購入 (JA34CA)。新中央航空からブリテン・ノーマン アイランダーが引退。世界初のDo 228NGを導入。
  • 2013年 新中央航空、5機目を購入 (JA35CA)。尚、Do 228NGとしては同社2機目であり、2013年6月に行われたパリ・エアショーで新中央航空は同社が所有するDo228-212型機を最新型のDo 228NG型機へ順次機材更新する予定であることを表明した。

このほか、格安航空会社のエアァシェンペクスが、元日本エアコミュータのJA8835,JA8866を運用したが、資金不足により、実際に就航することはなかった。後身であるエアトランセは、与圧キャビンを備えるビーチクラフト1900Dへ使用機材を変更したため、これらの機材は海外へ売却されている。

諸元 (Do 228-212)[編集]

  • 乗員:2名
  • 乗客:19名
  • 機体長:16.56 m
  • 翼幅:16.97 m
  • 機体高:4.86 m
  • 翼面積:32.00 m²
  • 乾燥重量:3,258 kg
  • 最大離陸時重量:6,400 kg
  • エンジン:ハネウェル製TPE331-10GP-511D型, 560 kW (776 馬力) × 2
  • 最高速度:434 km/h
  • 航続距離:1,037 km
  • 実用上昇限度:7,534 m (25,000 ft)
  • 上昇率:570 m/min (1,870 ft/min)

関連項目[編集]