マーカス・タブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マーカス・タブス

Marcus Tubbs  No. 90

ディフェンシブタックル
生年月日:1981年5月16日(33歳)
出身地:アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国テキサス州ダラス
身長:6' 3" =約190.5cm 体重:320 lb =約145.1kg
NFLデビュー
2004年シアトル・シーホークス
経歴
大学テキサス大学
NFLドラフト2004年 / 1巡目(全体の23番目)
 所属チーム:
通算成績
(2007年までの成績)
タックル数     60回
QBサック     7回
ファンブルフォース     3回
インターセプト     0回
NFL.comよりの成績
受賞歴・記録

マーカス・タブス(Marcus Tubbs 1981年5月16日- )はテキサス州ダラス出身のアメリカンフットボール選手。NFLシアトル・シーホークスに4シーズン所属した。ポジションはディフェンシブタックル

経歴[編集]

テキサス州ダラスで生まれた彼は同州ダラス郡デ・ソートの高校に進学した。当初はバスケットボールをしており、3シーズン先発選手としてプレーした。高校の途中からアメリカンフットボールも始め、タイトエンドとしてプレー、最終学年には28回のレシーブで353ヤード、2TDをあげた。

テキサス大学に進学した彼は、タイトエンドからディフェンシブラインマンにコンバートされた。彼は4年間で先発37試合を含む48試合に出場し、205タックル、19.5サック、2ファンブルフォースをあげた。

2004年NFLドラフト1巡全体23位でシアトル・シーホークスに指名された。この年11試合に出場し13タックル、1サック、1ファンブルフォースをあげた。

2005年は13試合に出場し、40タックル、6サック、2ファンブルフォースをあげた。

チャック・ダービーと共にランディフェンスに貢献、チームのランディフェンスはNFL5位の平均94.4ヤード、TDランはNFLで2番目に少ない5回しか許さなかった[1]

2006年、5試合に出場した後、マイクロフラクチャー手術が必要な左ひざの負傷により、故障者リスト入りした。彼の不在もありチームのランディフェンスは前年の5位から22位に成績を落とした[1]。この年は7タックル、0.5サックにとどまった。

2007年オークランド・レイダーズとのプレシーズンゲームで右ひざを負傷して故障者リスト入りした[2]

2008年8月11日、シーホークスから契約を解除された[3]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Danny O'Neil (2007年7月27日). “Marcus Tubbs, Physically Unable to Perform list”. シアトル・タイムズ. 2013年12月28日閲覧。
  2. ^ Aaron Fentress (2007年9月1日). “DT Marcus Tubbs Out For Season”. ザ・オレゴニアン. 2013年12月28日閲覧。
  3. ^ 鈴木栄一 (2008年8月12日). “シーホークスのエースWR、最大2ヶ月の戦線離脱へ”. NFL JAPAN. 2013年12月28日閲覧。

外部リンク[編集]

先代:
マーカス・トルファント
シアトル・シーホークス
ドラフト1位指名
2004年
次代:
クリス・スペンサー