マルチ・800

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルチ・800
初代マルチ・800
Maruti 800 first.jpg
2代目マルチ・800(後期型)
MHV Maruti Suzuki 800 01.jpg
2代目マルチ・800(後期最終型)
2009-03 Kathmandu 01.jpg
製造国 インド
販売期間 1983年 - 1986年(初代)
1986年 - 2014年(2代目)
乗車定員 4人
ボディタイプ 5ドア ハッチバック
エンジン F8B型 796 cc 直列3気筒
最高出力 ガソリン:37 HP / 5000 rpm
LPG:35 HP / 5000 rpm
最大トルク ガソリン:59 N・m / 2500 rpm
LPG:56 N・m / 2500 rpm
変速機 4速/5速 MT
駆動方式 FF
サスペンション 前:マクファーソン・ストラット
後:アイソレーテッド・トレーリング・リンク式コイルスプリング
全長 3335 mm
全幅 1440 mm
全高 1405 mm
ホイールベース 2175 mm
車両重量 ガソリン:683 kg
LPG:698 kg
データモデル 2代目マルチ・800
(2008年 - 2013年モデル)
別名 スズキ・マルチ(チリなど)
-自動車のスペック表-

マルチ・800 (Maruti 800) とは、インドでのスズキの乗用車生産販売子会社マルチ・スズキ・インディアが生産していた小型車である。

概要[編集]

1983年12月から生産開始。ベースとなっているのは初代(1983年 - 1986年)が5代目スズキ・フロンテ、および初代スズキ・アルト、2代目(1986年 - 2014年)が6代目スズキ・フロンテ、および2代目スズキ・アルトで、特に2代目モデルは20年以上経っても基本設計は変わらないまま生産され続けた。

800は一台20万ルピーで、タタ・ナノの登場まではインドで一番安価な自動車だった。その低価格を売りにインドでは爆発的なヒットを記録し、現在までに250万台以上が販売された。2004年のマルチ・アルト(5代目ベース)の登場まではインドで一番売れた自動車だった。

その後インドだけでなく、バングラデシュスリランカなどの南アジアや、チリなどの南アメリカにも輸出された(チリなどの一部地域ではスズキ・マルチの名前で販売された)。

エンジンはアルトと同じ直列3気筒エンジンだが、排気量は800ccにまで上げられている。駆動方式はFFで、トランスミッションは4 / 5速MT。コストダウンのため左側のミラーが無いモデルもある。

2005年にはインドのBS3(ユーロ3相当)排ガス規制に適合したモデルが発売され、2008年にはLPGを燃料とするモデルも発売された。

しかしながら、BS4(ユーロ4相当)排ガス規制への対応はコストが掛かり過ぎることを理由に断念され、2010年4月からBS4が適用されたニューデリーチェンナイムンバイコルカタなど13の主要都市では販売が打ち切られた。

2014年1月18日グルガーオン工場にて最後のマルチ・800がラインオフし、31年の歴史に幕を閉じた。インド国内での累計販売台数は2500万台以上に達した。スペアパーツについては8~10年間提供が保証される[1][2]

なお、2012年10月には後継モデルとなる「マルチ・アルト800」が発表されている。


関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Karthik H (2014年2月14日). “IAB Report – Final Maruti 800 rolled out, spare parts to be available for 8-10 years”. Indian Autos blog. 2014年2月14日閲覧。
  2. ^ Nabanita Singha Roy (2014年2月10日). “India’s iconic car Maruti 800 production stopped”. Rush Lane. 2014年2月14日閲覧。