マルオアマガサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マルオアマガサ
Bandedkrait.jpg
-->
分類
: 動物界 Animalia
: 脊索動物門 Chordata
亜門 : 脊椎動物亜門 Vertebrata
: 爬虫綱 Reptilia
: 有鱗目 Spuamata
亜目 : ヘビ亜目 Serpentes
: コブラ科 Elapidae
: アマガサヘビ属 Bungarus
: マルオアマガサ B. fasciatus
学名
Bungarus fasciatus
(Schneider, 1801)
和名
マルオアマガサ
マルオアマガサヘビ
英名
Banded krait

マルオアマガサ(丸尾雨傘、Bungarus fasciatus)は、動物界脊索動物門爬虫綱有鱗目コブラ科アマガサヘビ属に分類されるヘビ。特定動物

分布[編集]

インドから東南アジアを経て、中国南部にまで生息する。有毒。

特長[編集]

全体像

全長150-230cm。体色は黒で、黄色い横帯が入る。背骨が盛り上がっており、背中は三角形に見える。種小名fasciatusは「帯のある、横縞のある」の意。尾が丸みを帯びることが和名の由来。

[編集]

本種は強い毒を持つ。その毒は学名からブンガロトキシンと名づけられている。その正体は強い神経毒で、人の致死量はわずか2-3mgである。針のようなものの先に毒をつけ、人を刺すだけで大人も死にいたる程である。咬まれたウシが20分で絶命したことが観察されている。そのため、現地のヘビ捕り人でさえ、本種には手を出さないといわれている。但し性格は臆病で、実際に人が咬まれた確実な例は報告されていない。

生態[編集]

平地や低山地の森林草原水辺農地に生息する。夜行性で昼間はネズミの掘った穴や、シロアリの古巣等で休む。食性は動物食で、小型哺乳類、小型鳥類、爬虫類、カエル等を食べるが、特に他のヘビ類を好んで捕食する。繁殖形態は卵生で、6-8月に1回に6-12個の卵を産む。 昼間は物陰でじっとしていることが多く大人しいが、夜間に活動中のものは危険である。

利用[編集]

本種は肉が美味であるため、広東料理では三蛇のひとつとされ、蛇スープなどの食材として利用されている。中国語では「金環蛇」または「金脚帯」と称される。

参考文献[編集]

  • 『小学館の図鑑NEO 両生類はちゅう類』、小学館、2004年、130頁。

関連項目[編集]