マッサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マッサ
Massa
マッサの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Tuscany.svg トスカーナ
マッサ=カッラーラ
CAP(郵便番号) 54100
市外局番 0585
ISTATコード 045010
識別コード F023
分離集落 #分離集落参照
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 68,802 [1](2012-01-01)
人口密度 731.8 人/km2
文化
住民の呼称 massesi
守護聖人 アッシジの聖フランチェスコ (San Francesco d'Assisi)
祝祭日 10月4日
地理
座標 北緯44度2分0秒 東経10度8分0秒 / 北緯44.03333度 東経10.13333度 / 44.03333; 10.13333座標: 北緯44度2分0秒 東経10度8分0秒 / 北緯44.03333度 東経10.13333度 / 44.03333; 10.13333
標高 65 (0 - 1890) [2] m
面積 94.02 [3] km2
マッサの位置
マッサの位置
マッサ=カッラーラ県におけるコムーネの領域
マッサ=カッラーラ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

マッサイタリア語: Massa ( 聞く))は、イタリア共和国トスカーナ州にある都市で、その周辺地域を含む人口6万9000人の基礎自治体コムーネ)。マッサ=カッラーラ県の県都である。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。

市街[編集]

中心市街はマラスピーナの15世紀の城周りに発展している。

現在のマッサは主に夏のリゾート地として栄えている。地元では夏の間に観光客相手に商売をする人が主で、秋から春にかけてはスイスなどの別荘で過ごす人が多い。

歴史[編集]

15世紀から19世紀にかけてマッサは独立した公国の首都だった。公国以後マッサとカッラーラはマラスピーナ家とチボ=マラスピーナに支配されていた。

1829年以後はオーストリアエステ家モデナ公領として過ごし、1859年サルデーニャ王国に併合された。

行政[編集]

分離集落[編集]

マッサには以下の分離集落(フラツィオーネ)がある。

  • Marina di Massa, Turano, Resceto, Guadine, Redicesi, Gronda, Antona, Altagnana, San Carlo Po, Pariana

社会[編集]

隣に位置するフォルテ・デ・マルメ大理石輸出世界一を誇る、大理石の塊の山を背後に持つ町で、欧州各国からの富豪たちが夏のバケーションを過ごす隠れ家としても有名。

姉妹都市[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]