ラ・スペツィア=リミニ線

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ラ・スペツィア=リミニ線
西ロマニアと東ロマニア

ラ・スペツィア=リミニ線(ラ・スペツィア=リミニせん、: Linea La Spezia-Rimini)、より正確にはマッサ=セニガッリア線(マッサ=セニガッリアせん、: Linea Massa-Senigallia)とは、イタリア北西部の都市ラ・スペツィアと、同じく北東部の都市リミニ(正確にはマッサセニガッリア)とを結ぶ線のこと。 ロマンス語を東西に二分する等語線(言語学上の地理的な境界線)である。

ロマンス語圏のうち、この線より北方・西方、すなわち北部イタリアスイスティチーノ州フランススペインポルトガルなどを西ロマニアといい、 南方・東方、すなわち中部・南部イタリア、コルシカ島サルデーニャ島シチリア島などを東ロマニアという。

特徴[編集]

  • 名詞・形容詞の複数形
    • 東 - 母音交代による(ラテン語の複数主格 -ī, -ae 由来)
    • 西 - sを付加する(ラテン語の複数対格 -ōs, -ās 由来)
  • 母音間の無声子音
    • 東 - 保存
    • 西 - 変化(有声化、軟音化、消失など)

構成[編集]