マックロバートソン・エアレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Race Route

マックロバートソン・エアレース英語: MacRobertson Trophy Air Race)は、1934年10月におこなわれたイギリスオーストラリアの間の長距離飛行機レースである。オーストラリアのビクトリア州の100年記念行事の一環として行われた。メルボルン市長の発案により、チョコレート王マクファーソン・ロバートソン (Macpherson Robertsonが$75,000の賞金を提供した。

レースは、ロンドン近郊のミルデンホール (RAF Mildenhallから、5か所の指定寄港地、バクダッドアラハバードシンガポールダーウィンチャールビルクイーンズランド州 (Charleville, Queenslandを経由してメルボルンまでであるが、それ以外の経由地は参加者の自由であった。22個所の空港にロイヤル・ダッチ・シェルスタンダード・オイルが燃料・オイルを提供した。

スピード部門ではデ・ハビランド DH.88 コメット (de Havilland DH.88が優勝した。この機体はこのレースのために3機だけ製作された機体である。

公式レース結果
デハビランド DH.88 Comet
G-ACSS Grosvenor House
C.W.A. Scott, T. Campbell Black
(英国)
記録71時間0分
ダグラス DC-2
PH-AJU Uiver
クネ・ディルク・パルメンティエ, J.J. Moll, B. Prins, C. Van Brugge
(オランダ)
記録90時間13分
ハンディキャップ部門優勝
ボーイング247-D
NR257Y Warner Bros. Comet
ロスコー・ターナークライド・パングボーン
(米国)
記録92時間55分
デハビランド DH.88 Comet
G-ACSR
O. Cathcart Jones, K.F. Waller
(英国)
記録 108時間13分
マイルス Hawk Major
ZK-ADJ
S/Ldr. M. McGregor, H.C. Walker
(ニュージーランド)
記録7日14時間
単発機の1位
エアスピード AS.5 Courier
G-ACJL
S/Ldr. D. Stodart, Sgt. Pilot K. Stodart
(英国)
記録 9日18時間
デ・ハビランド プス・モス
VH-UQO My Hildegarde
C.J. 'Jimmy' Melrose
(オーストラリア)
記録 10日16時間
ハンディキャップ部門2位
デソーターMk.II
OY-DOD
Lt. M. Hansen, D. Jensen
(デンマーク)
10月31日到着(11日)
デハビランド DH-89 Dragon Rapide
ZK-ACO
J.D. Hewitt, C.E. Kay, F. Stewart
(ニュージーランド)
11月3日到着
着外
マイルス Falcon
G-ACTM
H.L. Brook, Miss E. Lay (passenger)
(英国)
11月20日到着
フェアリー IIIF
G-AABY
F/O C.G. Davies, Lt.Cdr. C.N. Hill
(英国)
11月24日到着
フェアリー フォックスI
G-ACXO
R. Parer, G. Hemsworth
(オーストラリア)
パリでリタイア.
最終的にメルボルンに1935年2月到着
ランバート Monocoupe 145
NC501W Baby Ruth
J.H. Wright, J. Polando Warner
(米国)
カルカッタでリタイア
デハビランド DH.88 Comet
G-ACSP Black Magic
ジェームズ・モリソンエミー・モリソン夫妻(英国) アラハバードでリタイア
パンデル S-4
PH-OST Panderjager
G.J. Geysendorffer, D.L. Asjes-Pronk
(オランダ)
アラハバードで衝突、リタイア
B.A. Eagle
G-ACVU
F/Lt. G. Shaw
(英国)
ブシールでリタイア
ロッキード ベガ
G-ABGK Puck
J. Woods, D.C. Bennett
(オーストラリア)
アレッポで着陸失敗リタイア
エアスピードAS.8 Viceroy
G-ACMU
N. Stack, S.L. Turner
(英国)
アテネでリタイア
グランビル R-6H
NX14307 Q.E.D.
ジャクリーン・コクラン、 W. Smith Pratt
(米国)
ブカレストでリタイア
フェアリー フォックス I
G-ACXX
H.D. Gilman, J.K. Baines
(英国)
イタリアで事故(パイロット死亡)