マイトマイシンC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
マイトマイシンC
IUPAC命名法による物質名
(1aS,8S,8aR,8bR)-6-Amino-4,7-

dioxo-1,1a,2,8,8a,8b-hexahydro-8a-methoxy-5- methylazirino[2,3:3,4]pyrrolo[1,2-α]indol-8-ylmethylcarbamate

臨床データ
胎児危険度分類 D(濠州米国
法的規制 劇薬
指定医薬品
処方せん医薬品
投与方法 静脈注射、膀胱内注入
薬物動態的データ
生物学的利用能 -
血漿タンパク結合 8.4~12.8%
代謝 主に肝臓
半減期 α相:1.3~5.2分
β相:32.9~50.2分
識別
CAS登録番号 50-07-7
ATCコード L01DC03
PubChem CID 5746
DrugBank APRD00284
KEGG D00208
化学的データ
化学式 C15H18N4O5 
分子量 334.327

マイトマイシンC (MitomycinC : MMC)とは、抗腫瘍性抗生物質に類する抗悪性腫瘍剤(抗がん剤)。

マイトマイシンは、1955年北里研究所の秦藤樹ら[1]によって発見されたStreptomyces caespitosusの培養濾液から得られる一群の抗腫瘍性抗生物質である。その中から安定性が高く、最も強い抗腫瘍活性を有するマイトマイシンCが協和発酵工業の若木重敏ら[2]によって紫色の結晶として分離された。

商品名はマイトマイシン(販売:協和発酵キリン株式会社)。

ハーバード大の岸義人が合成に成功。

効能・効果[編集]

慢性リンパ性白血病、慢性骨髄性白血病、胃癌結腸・直腸癌肺癌膵癌肝癌子宮頸癌子宮体癌乳癌頭頸部腫瘍膀胱腫瘍

副作用[編集]

溶血性尿毒症症候群、微小血管症性溶血性貧血、腎障害、骨髄抑制、間質性肺炎肺線維症、ショック、アナフィラキシー様症状、食欲不振、悪心・嘔吐、倦怠感など。

作用機序[編集]

マイトマイシンCは、様々な酵素により還元されて複数の活性代謝物となり、DNAへの架橋形成、アルキル化、フリーラジカルによるDNA鎖切断を介してDNAの複製を阻害し、抗腫瘍効果を示すと考えられている。[3]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]

参考資料[編集]

  1. ^ Hata T, et al. J Antibiot. Jul; 9(4): 141-6, 1956 PMID 13385186
  2. ^ Wakaki S, et al. Antibiot & Chemother, 8, 228, 1958
  3. ^ 『マイトマイシン注用2mg, 10mg』医薬品インタビューフォーム・2006年10月作成(協和発酵工業)