ポートハーコート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポートハーコート
Port Harcourt
PH Montage.jpg
愛称 : Garden City
位置
ポートハーコートの位置の位置図
ポートハーコートの位置
座標 : 北緯4度47分 東経7度0分 / 北緯4.783度 東経7.000度 / 4.783; 7.000
行政
ナイジェリアの旗 ナイジェリア
  リバーズ州
 市 ポートハーコート
地理
面積  
  市域 186km2(71.8mi2
    陸上   170km2(65.6mi2
    水面   16km2(6.2mi2
  都市圏 462km2(178.4mi2
標高 18m
人口
人口 (2007年現在)
  市域 1,320,214人
  市街地 2,667,435人
  都市圏 3,761,645人
その他
等時帯 西アフリカ時間UTC+1

ポートハーコート (Port Harcourt) はナイジェリア連邦共和国ニジェール・デルタに位置する都市。リヴァーズ州の首都。人口は近隣からの流入により膨らんでおり、2004年に1,133,400人、2005年1月1日で1,148,753人に上る。

概要[編集]

ポートハーコートはペンテコステ派のキリスト教徒の運動が強い地域でもある。ジリー・アグレイ師の Royal House of Grace International Church や ユージン・オグ師のAbundant Life Evangel Mission といった影響力が強い。

歴史[編集]

元はイボ人イジャウの住む土地でイボはイグェ・オチャと呼んでいた。

石炭産業[編集]

1912年石炭の積出港として支配していたイギリスにより開発され、英植民地相 (1910年 - 1915年) の初代ハーコート子爵ルイス・ヴァーノン・ハーコートに因んでポート・ハーコートと名付けられた。当初の港の用途はエヌグからボニー川を経由して運ばれてくる大量の石炭の積み出しだった。1926年には北部のカノへと至る鉄道が開通した。

石油産業と環境汚染[編集]

1958年シェルによるオゴニで原油採掘が始まって以来石油関連産業はこの地に集積されており、現在ではナイジェリアの主要な石油精製都市となっている。他にアジップエルフミシュランBPといった企業が進出しているが環境対策がなされず、地元に利益が還元されないため度々非難の対象とされてきた[1]

オゴニ民族生存運動[編集]

1995年11月10日にはポートハーコートでシェルと政府に対しオゴニの権利を主張したケン・サロ=ウィワらオゴニの指導者が処刑された。

イジョ・イツェキリ紛争[編集]

2006年2月18日にもイジャウ(イジョ)のニジェール・デルタ解放運動が指導者の解放と利益の還元を求めて外国人誘拐事件を起こして以降、外国系企業への襲撃を活発化させている。

産業[編集]

三角州上にあるため、釣り魚市場も産業の1つである。ただし、石油開発に伴い環境が劣化しており、かつてほどの賑わいはなくなりつつある。

交通[編集]

  • 国際空港及びマイドゥグリと結ぶ鉄道駅があり、輸送拠点ともなっている。鉄道に関しては、かつてはラゴス行きの列車も運行されていたが、2000年以前に廃止されている。
  • ネンベ、ボニー島、ブラス島へ向かうフェリーも運行されている。

文化[編集]

美術館大学が設置されている。

姉妹都市[編集]