魚市場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
インドバンガロールのHAL市場にある魚市

魚市場(うおいちば、英語: fish market)は、魚介類を取り引きする市場。漁師と鮮魚商の間の商取引ないしは個人の客を対象とした水産物の小売を行う場であり、市場によっては両方を扱う。ウェットマーケット英語版の一種であり、しばしば屋台料理英語版が提供される。

「魚市場」の語が指し示す範囲は、規模の面では右の写真のような魚を扱う小規模な露店から、年間約660,000トンもの魚介類を扱う東京築地市場までさまざまである[1]

英語のfish marketは、魚の取引全般を意味することもあるが、本項目では、場所としての魚市場について記述するものとする。

歴史[編集]

ヤン・ブリューゲルGreat Fish Market

魚市場の歴史は古代ギリシャの時代までさかのぼる[2]。古代ギリシャ人は魚市場を多数の人々が集まるパブリックスペースとして、直近の出来事や地方の政治について議論する場にしていた。

魚介類はすぐ腐敗することから、大半の魚市場は歴史的に見て海沿いの町に立地した。一旦、やその他の単純な冷却技術が利用可能になると、海岸からの交易路英語版が発達した内陸の大都市にも魚市場が出現した。

19世紀から20世紀の冷凍・冷蔵技術の確立および高速輸送体系の構築により、技術的には至る所に魚市場を立地させることができるようになった。しかし他の食品と同様、時代の変遷により一般の消費者は魚市場ではなく、スーパーマーケットのような小売店で魚介類を買い求めることが主流になった。結果的に多くの主要な魚市場は主に卸売を扱うようになり、既存の主要小売向け魚市場は伝統的な運営方法をとり続けた。卸売市場・小売市場の双方とも往々にして観光客を惹き付けている。

主な魚市場[編集]

卸売市場[編集]

伝統的な市場[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c Clover C (2008) The End of the Line: How Overfishing Is Changing the World and What We Eat Page 165. University of California Press, ISBN 978-0-520-25505-0.
  2. ^ Rauch JE and Casella A (2001) Networks and markets Page 157. Russell Sage Foundation, ISBN 978-0-87154-700-2.

参考文献[編集]

  • Bellamy JC (1843) The housekeeper's guide to the fish-market for each month of the year Issue 33171 of Goldsmiths'-Kress library of economic literature, Longman, Brown, Green & Longmans.
  • Bestor TC (2004) Tsukiji: the fish market at the center of the world In PE Lilienthal, California studies, Volume 11, University of California Press, ISBN 978-0-520-22024-9.
  • Le Blanch J (2003) The Global fish market and the need for multilateral fishing disciplines In: Leonard B (ed) Overfishing: A Global Challenge, Diane Publishing, ISBN 978-1-4289-6711-3.
  • Crother C (2005) Catch!: A Fishmonger's Guide to Greatness Berrett-koehler Series, Berrett-Koehler Publishers, ISBN 978-1-57675-323-1.
  • Graddy K (2006) "The Fulton fish market" Journal of Economic Perspectives, 20(2): 207–220.
  • Kirman, Alan P. and Vriend, Nicolaas J. (2000) "Learning to be loyal: A study of the Marseille fish market". In: Domenico Delli Gatti, Mauro Gallegati, Alan P. Kirman, Interaction and market structure: essays on heterogeneity in economics, Volume 484. Springer, ISBN 978-3-540-66979-1.
  • Maniatis GC (2000) "The Organizational Setup and Functioning of the Fish Market in Tenth-Century Constantinople" Dumbarton Oaks Papers, 54: 13-42.
  • Porcù Leide (2005) "Fishy business: Humor in a Sardinian fish market" International Journal of Humor Research, 18(1): 69–102. doi:10.1515/humr.2005.18.1.69
  • Sophie S and Håkan H (2009) "Behind the fish market facade" The IMP Journal, 3(1): 50-74.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]