ポフヤンマー県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポフヤンマー県
Pohjanmaan maakunta
Österbottens landskap
Pohjanmaan maakunnan vaakuna.svg
ポフヤンマー県の県章
旧所属州 西スオミ州
伝統州 ポフヤンマー
県庁所在地 ヴァーサ
面積 7,600 km²
人口
 - 総計
 - 人口密度

175,348人
23,0/km²
県の鳥 ヨーロッパアマツバメ
県の魚 ホワイトフィッシュ
県の花 キョウガノコ
Pohjanmaa in Finland.svg
ポフヤンマー県の所在地

ポフヤンマー県 (フィンランド語: Pohjanmaaスウェーデン語: Österbotten)はフィンランドの行政区。フィンランドの西海岸中部に位置しており、北は中部ポフヤンマー県、東に南ポフヤンマー県、南にサタクンタ県と接しており、これらのポフヤンマーと名の付く地域は古くはポフヤンマーPohjanmaa)という州だった。中心都市はヴァーサ。面積はおよ7600km²で、人口はおよそ17.5万人。

ポフヤンマー県はオーランド自治県と同じく、スウェーデン語話者の多い地域であり、人口の52%がスウェーデン語を話す[1]。フィンランドにおいてフィンランド語話者よりスウェーデン語話者の多い地域は、ポフヤンマー県とオーランド自治県の2県のみである。そのような現実があるにもかかわらず、スウェーデン語とフィンランド語のバイリンガルの地域に加えて、フィンランド語またはスウェーデン語のどちらかが排他的に使われている地域も多く、ポフヤンマー県は言語学的に異質である。

ポフヤンマー県は、後氷期地殻隆起によって、以前海底だったところが隆起したところがほとんどであるため、地形の起伏に乏しい。ポフヤンマー県は、南ポフヤンマー県のように広大な農地と、Kvarkenという列島の両方を持つ。またポフヤンマー県の地域には、氷河によって運ばれた多くの迷子石がある。他のポフヤンマー地域と同様に、河川景観の重要な部分を担っている。ボスニア湾に注ぐ著名な河川として、KyrönjokiLapuanjokiÄhtävänjokiが挙げられる。

県の木はアルダー、県の動物はヘラジカ、県の石はVaasa granite、県歌は"The march of Vaasa" (フィンランド語: Vaasan marssiスウェーデン語: Vasamarschen)である。

フィンランドスウェーデン語英語版のコミュニティでは、ポフヤンマー県のことを"Pampas"、ポフヤンマー県出身の人を"Pampees"と呼ぶことがある[2]

県章[編集]

この県の県章は中心都市の名前の由来でもある、スウェーデンの王家ヴァーサ王朝のものを下部に利用しており、走るいたちがポフヤンマーのシンボルである。

自治体[編集]

ポフヤンマーには4つの郡があり、16の自治体がある。自治体によって、スウェーデン語話者、フィンランド語話者の比率に大きな偏りがある。

キュロンマー郡:

ピエタルサーリ郡:

スーポフヤ沿岸郡:

ヴァーサ郡:

過去に存在した自治体:

脚注[編集]

外部リンク[編集]