カイヌー県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カイヌー県
Kainuun maakunta
Kajanalands landskap
Kainuu.vaakuna.svg
カイヌー県の県章
旧所属州 オウル州
伝統州 ポフヤンマー
県庁所在地 カヤーニ
面積 21,567 km²
人口
 - 総計
 - 人口密度

84,740人
3,9/km²
県の鳥 アカオカケス
県の魚 ニシキュウリウオ
県の花 カルーナ
Kainuu in Finland.svg
カイヌー県の所在地

カイヌー県 (フィンランド語: Kainuuスウェーデン語: Kajanalandフィンランドの行政区。

北、東には北ポフヤンマー県、南西には北サヴォ県、南東に北カルヤラ県、そして西はロシア連邦国境につながっている。

県庁所在地はカヤーニ。面積は21,000km2、およそ85,000人の人口である。

カイヌー県は林野、丘陵などが多く、湖畔も多い地域であり、その土地のほとんどが人のすまない森林であるが、気候は安定している。

カイヌー県はもともとサーミ人がこの土地柄を生かした狩猟や漁業を行い住んでいたものと思われる。1600年代、フィンランド提督ペル・ブラーヘは東方のロシア人の脅威への対策と開拓の停滞を防ぐため、税の免除を行いこの県の人口を増加させた。カイヌー県への移民は主にサヴォ州から来たものであった為、カイヌー県の方言はサヴォ地方の方言とよく似ている。

主に農業ぐらいしか職が無いためにこの地域の人口は逓減している。この地域は林業も多く就職者の8%は林業従事者である。またフィンランド国防軍の基地がカヤーニの近くに位置している。

自治体[編集]

カイヌー県は、2つの郡を持ち、その下に9つの自治体がある。新しいところでは、この県は連邦制を実験している。自治体は独立しているものの、この独立は自治体の責任で福祉権利の独立などが議論され、多くの行政を行うには単位が小さいと考えられる。カイヌー県の自治体はテストモデルであり、福祉と、その他のサービスは県レベルで行っている。

カヤーニ郡:

ケヒス=カイヌー郡:

外部リンク[編集]

  • Kainuu - Official site(in English)
  • [1] - Portal