東ウーシマー県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
東ウーシマー県
Itä-Uudenmaan maakunta
Östra Nylands landskap
Itä-Uusimaa.vaakuna.svg
東ウーシマー県の県章
旧所属州 南スオミ州
伝統州 ウーシマー
県庁所在地 ポルヴォー
面積 2,823 km²
人口
 - 総計
 - 人口密度

92,933人
34/km²
県の鳥 ツバメ
県の魚 ブラウントラウト
県の花 フキタンポポ
Finland regions Itä-Uusimaa.png
東ウーシマー県の所在地

東ウーシマー県フィンランド語: Itä-Uusimaaスウェーデン語: Östra Nyland)はフィンランドにかつて存在した行政区。ウーシマー県パイヤト=ハメ県キュメンラークソ県と接していた。2011年1月1日に西に位置するウーシマー県と合併し、新たなウーシマー県が発足した[1]。この合併で、東ウーシマー県は消滅した[1]

2,823平方kmの面積であり、93000人ほどが居住していた。県庁所在地はポルヴォー

下位自治体[編集]

7つの下位自治体がにあり、市と町は明確に区別されていた。下記に記したものはフィンランド語での自治体の名前であり、〔 〕内はスウェーデン語での名称である。

ポルヴォー郡
ロヴィーサ郡
2010年1月1日付で、以下の自治体がロヴィーサに吸収合併された。

脚注[編集]

  1. ^ a b Valtioneuvosto päätti Uudenmaan ja Itä-Uudenmaan maakuntien yhdistämisestä” (Finnish). Ministry of Finance (2009年10月22日). 2010年12月30日閲覧。