ボルナ病

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ボルナ病: Borna disease)とはモノネガウイルス目(en)ボルナウイルス科ボルナウイルス属に属するボルナ病ウイルス感染を原因とするウマヒツジ感染症。ボルナ病ウイルスはウマやヒツジのほかにウシネコイヌなどに感染する。ウマの場合、急性型では数週間の潜伏期間の後に、微熱知覚過敏、行動異常などを示し、痙攣麻痺などに発展し、約80%が死亡する。病理学的には非化膿性脳炎を示し、小動脈周囲性に高度なリンパ球マクロファージ形質細胞浸潤が認められる。また、海馬における神経細胞の核内、まれに細胞質内に好塩基性封入体Joest-Degen小体)が認められる。慢性型では特徴的な症状は示さず、病理学的所見は認められない。ワクチンおよび特異的な治療法はない。

関連項目[編集]

参考文献[編集]