ボストンハーバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボストンハーバー
英字表記 Boston Harbor
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1994年4月4日
カポウティ
ハーバースプリングス
母の父 ヴァイスリージェント
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 オーバーブルックファーム
馬主 オーバーブルックファーム
調教師 ウェイン・ルーカス(アメリカ)
競走成績
生涯成績 8戦6勝
獲得賞金 193万4605ドル
テンプレートを表示

ボストンハーバー (Boston Harbor) は、現役時代はアメリカで競走生活を送っていた競走馬で、引退後アメリカと日本で供用されている種牡馬である。

戦跡[編集]

1996年、デビュー戦から5馬身差で初勝利を挙げ、続く重賞バシュフォードマナーステークスを4馬身差で快勝し競走馬として好スタートを切る。3戦目のG3、サンフォードステークスでは勝ち馬に10馬身も離されたものの2着を確保し、この後ブリーダーズカップ・ジュヴェナイルを含む4連勝、エクリプス賞最優秀2歳牡馬に選出された。

1997年、この年の初戦としてサンタカタリナステークスに出走、単勝1番人気に推されたが勝ち馬から約15馬身離された4着と惨敗した。その後調教中に骨折したため休養に入り、復帰を目指したものの同年10月に現役引退が決定、種牡馬入りした。

主な勝ち鞍[編集]

  • 1996年(7戦6勝) - ブリーダーズカップ・ジュヴェナイル (G1) 、ブリーダーズフューチュリティ (G2) 、バシュフォードマナーステークス (G3) 、エリスパークジュヴェナイルステークス、ケンタッキーカップジュヴェナイルステークス (G3)
  • 1997年(1戦0勝)

種牡馬時代[編集]

1998年からアメリカのオーバーブルックファームで種牡馬となり、2002年に日本へ輸出された。産駒は2歳戦から活躍するような仕上がりが早い馬が多く、総じて短距離競走を好む。現在のところはアメリカでのみG1勝ち馬を輩出している。

主な産駒[編集]

  • 1999年産
    • Boston Common(ジェロームハンデキャップ、エルコネホハンデキャップ)
    • カフェボストニアン(福島2歳ステークス、クロッカスステークス、駿風ステークス)
    • セピアメモリー(京葉ステークス)
  • 2000年産
    • My Boston Gal(ボーモントステークス)
    • Boston Bull(カウディンステークス)
    • ワンダフルデイズ(クリスタルカップ
  • 2001年産
    • Healthy Addiction(サンマルガリータ招待ハンデキャップ、レディズシークレットブリーダーズカップハンデキャップなど)
    • ダイワバンディット(新潟2歳ステークス
  • 2004年産
  • 2006年産
    • タマモリターン(園田ジュニアカップ)

ブルードメアサイアーとしての主な産駒[編集]

血統表[編集]

ボストンハーバー血統(シアトルスルー系(ボールドルーラー系) / Nasrullah 4×5=9.38%、Nearco5×5=6.25%)

Capote
1984 黒鹿毛
Seattle Slew
1974 黒鹿毛
Bold Reasoning Boldnesian
Reason to Earn
My Charmer Poker
Fair Charmer
Too Bald
1964 黒鹿毛
Bald Eagle Nasrullah
Siama
Hidden Talent Dark Star
Dangerous Dame

Harbor Springs
1989 栗毛
Vice Regent
1967 栗毛
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Victoria Regina Menetrier
Victoriana
Tinnitus
1975 栗毛
Restless Wind Windy City
Lump Sugar
Dors Corporal
Cathy F-No.6-a

外部リンク[編集]